Post ID: 4345

Women’s Skimo Project

2017, Feb 27-28

DSC03036

昨年の12月の頭にいただいたお話。。
フランスの山岳スキーレースをしている女性たちが、
「女性よ!もっと、山岳活動(スキー)を!」
という、簡単に言うと、女性の登山や山岳活動の啓蒙のプロジェクトをスタート。
これから色々な国を訪れ、そこで山岳スキーをしている女性にフォーカスして、
フィルムを作成、、同時にブログや雑誌記事、SNSなどで情報発信して、
多くの女性が、山岳活動(特にスキー)に関心を持ってもらえるように、、
という願いのあるプロジェクトです。
その最初の撮影が、日本ということで、なんと!私の方へもお話がきました。
SKIMOとは、Ski Mountaineering の略で、山岳スキーを表します。
この北海道では、「山岳スキー」というよりも、「バックカントリースキー」という分野で、
山岳エリアに関係なく、低山から~森から~そして、コンディションが良い時は、高山帯で、、
深雪を楽しむ「バックカントリースキー」のスタイルの方が一般的です。
それでよければ、というお話で話を進めていました。
でも、私も、バリバリの山岳登山家ではありませんし、
なんとなく、、しっくりしないのです。
「私が取材対象でよいのかなぁ~」と。
色々なやりとりを通して、そして、彼女たちのプロジェクトが成功するように、、、
私はお役目不足を感じ、いちかばちかで、繁忙期の、ガイド先輩のねーさん達に連絡。
そうすると、まさかの、「その日、空いてるよ=」
内容を説明すると、「おーやったるで~!」(とは言ってないけど、こんなノリ)
と、話が早く、、参加してくれることになりました。
私の先輩ガイドの、菊地泰子さんと阿部由香さん。
二人ともガイド歴10年以上のベテランさん。
山の技術以外にも私が学び、刺激されることが多い二人です。
そして、東京から山岳ライターの柏澄子さん。
彼女の文章が好きで、特にGore-Tex社のアスリートボイスなどは、、勇気づけられました。
そんな大御所さん達を、私は、「来て」と一言で誘ってしまうのです(汗)。
そして、来てくれるんだから!!本当に感謝です。
また、よき友達のwebデザイナー&フォトグラファーのNikiちゃん。
彼女の写真は、お世辞抜きに本当に大好きなんです。
普段は関西弁の散かし王(笑)なんですが、カメラ持つと変わるんです。
すごい素敵な写真も残せることができました。

 

二木亜矢子のブログ ↓
https://www.facebook.com/niki.ayako?pnref=story

DSC03017

プロジェクト取材の1日目は、旭岳へ。。ピーク狙い。
天気も良く。。でも、思いのほか強風。
途中からは、スキーくランポン付きでガシガシ登っていくと、
雲海の上のピークです。やはり、ピークはいいですね。
雪が風で飛ばされたり、叩かれたり。。全然がりがりやないか~
どころか、雪ないじゃないか~という斜面をなんとか下り。。

DSC03021

 

樹林帯のパウダーへ。
今日は、頂上から麓まで、すべての雪質を1日で経験しました。
スキー板は、傷がついたけど、、、そうゆうことも、しょうがない。
そして、夜は、東川のカフェノマドで、彼女たちのプロジェクト紹介に取材。。。
と長い長い1日だったのです。

DSC03026

DSC03025

私の頭も、通訳で、最後は、機能しなくなり、、、はい、今日は、ご愁傷さま=

 

 

2日目は、一般女性スキーヤー達と低山滑り。
みんなわきあいあい、春をかんじながら、のんびり。
雪もよく、大雪山の山岳エリアとはまた違う、この里山的良さ。

DSC03038

 

フランス、ヨーロッパにはないスキー環境と言っていました。
里山はあるけど、雪がない、、とのこと。
昔は、雪があって、みんなスキーをして楽しんでいたんでしょうね。
どんどん温暖化の影響がでているようです。
北海道も、雪がいつまであるか。。。あっていてほしい。。。。
そして、そのために、なにかしなければ、、、と皆が去った後のごみ箱をみて思うのでした(笑)
女性のスキーから、最後は、環境の話で終わりかい!となりますので、
話をもどしますと。。。。
多くの女性たちが、スキーだけではなく、色々なアウトドア活動に関心を持ち、
そこで、出会った自然や人、そして山で身を置くことで感じること。。。
それは、大変素晴らしい経験です。
なので、私たちは、山に行く、行きたい女性を応援します!
「山へ行きましょう!」
そして、今回参加してくれた皆さんありがとうございました!

 

Women’s Skimo Projectのフェイスブック↓
https://www.facebook.com/niki.ayako?pnref=story

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です