旭岳へ夏のご挨拶

今週末、いよいよ旭岳の山開き。
旭岳の山開きの日には、違う山にいますので、
今日は、一足先に、旭岳へご挨拶と今までのお礼です。
私、旭岳に、本当に育ててもらいました。

 

「毎日」旭岳を歩いていた日々~かれこれ6シーズン位。
それこそ、夏の山で低体温症になる登山者。
「え?こんなところで?」と道迷いで崖から落ちてしまった登山者。
旭岳に朝から夕まで待機する、遭難者の家族。
急な旅行スケジュールが原因か?散策中に倒れ息をひきっとった観光客。
道が悪いんだよ~と怒る登山者。
道がわかりにくいんだよ~と怒鳴る登山者。
山の道を直したい、と許可なく直しにくる外国人。
山好きだった方の遺灰を巻く人。
パートナーに自分の好きな旭岳を見せたかった、余命わずかな方。
人生に悩み、山を求め、相談しに来る人。
自ら人生のピリオドを打ちに来る人。
芸能人のおしのびデート。

 

毎日、毎年変わる植物の生息。
珍しいギンザンマシコの営巣やエゾオコジョとの出会い。
姿見で熊出没=散策路CLOSE事件。
親からはぐれた子リス保護。
ロープウェイ、まさかの1夏運休~で、毎日姿見まで登る。
木道担いで裾合平の道整備。
遠くから眺めていた、ヒグマの毛づくろい。

 

遭難騒ぎが相次ぎ、山岳警備隊に就職しなおした元ビジターセンター所長。
高山植物のように強く美しい女性ガイド=現馬ノ背ヒュッテ女将。
山に行く時だけ、なぜか化粧する元ビジターセンター女性職員。
ウルトラマンの「ダダ星人」に髪型が似ていると「ダダ」とあだ名が付、
山仲間と結婚して、今は、千葉で3男児の母をしている元同僚。
山の世界から足を洗い、介護の業界で働く元同僚。
などなど、
私が東川に移住し旭岳で働き始めた時にいた仲間を思い出したり。
今みたいにおしゃれなお店やおしゃれな山の人もいなく、
みんな「泥くさい~」山仲間で、仕事後も、一緒にご飯食べたり、
休みも一緒に山いったり、、、
今となっては懐かしき、よき山仲間の時代。

 

 

なんだか、
そんなことを思い出しながら~一人で歩いていたのですが、
今日は、一応パトロールも兼ねて。

軽装備のアジア人を注意しつつ、山の安全を願うばかり。
昔は、もっと「ヤマっぽい」話しを登山者同士しながら、楽しかったのですが、
最近は、日本人外国人関係なく、心配な方が多いですね。
今日は、唯一、楽しい山の会話ができたのは1組様の女性たち。
はじめての大雪山縦走~この残雪時季!ガスガスなのに!
でも、話すとすぐわかるんです。。。この人達、ちゃんと知ってる、、、って。
こうゆう登山者が、増えますように~

 

 

さて、旭岳ビジターセンターが新しくなります!
その内覧会もあったので、旭岳にいきました。

過去15年以上。。。
新しいビジターセンターできる、できない。。。
話しが浮いては、、、沈みっぱなしでしたが、
本当に、ようやくできたんですね。
ぜひ、これを機会に、旭岳が良い意味で賑わいますよう。
これからも、育てて下さい、旭岳❤

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です