ありのままを・・

また、ガイド泣かせの日です。

今日の午後から大荒れです。

午前中、風のないタイミングで行けるのは、低山です。

ただ、気温が、春なみに暖かい~

ので、雪質を求めると、、かなりつらい。

本人たちも、自然のことだから、ありのままを経験するよ~と言っていたのに、

いざ、山を登りだすと、昨日の日射でできたサンクラスト斜面を。。。

「まさか、ここ滑るの。。」と。

言っていたことと、ちがうじゃん。

というか、クラストの上に15cmもあれば、全然問題ないし。

外国からの男性のみのグループは、要注意。

今回は、残念ながら、外国の方というより、

「白人」という意識が強い方に思いました。

風が強くなる前に、山頂に行けて、

まだ風の影響のない、走る雪を滑ったのに、ご不満。

気温上昇が以上で、

今まで見たことのない北斜面にクラックができていました。

こんなクラックをみて、「こわい~」と。。もう、下山です。

街も大荒れになってきて、道路も雪がわさわさつもり、運転も一苦労。

結局、パウダー滑れず、、とガイド料払われず。。。ガソリン代のみ。

この天候の中、スキー走る良い雪の条件でしたけど。。。

チーン。

アオキ、、、やさぐれました。

したっけぃ~

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です