山岳保険

山岳保険について

 

当ガイドオフィスでは、ツアーに参加されるお客様へ山岳保険の加入を推奨しております。

 

 

「北海道での山岳事故」

民間ヘリが飛ぶケースが少ないですが、

遭難対策協議会(「遭対協」)という、地域で編成される民間の捜索隊が出動する場合は、

その費用が掛かります。人数も多く編成されると費用も莫大になります。

 

 

「本州での山岳事故」

民間機関が動くことが多いため、

費用を請求されるケースが多くなります。

 

 

「リスクをゼロにはできない」

よく「そんな危ないところ行かないから。」「危ないことしないから」という方もいますが、

自然、山へ入ることは、リスクが発生すること。

ガイドツアーでは、山岳ガイドがリスク管理をしますが、

リスクをゼロにすることはできません。

 

 

「自分に合った山岳保険を」

下記の山岳保険を参考に、日掛け、または年間契約で、保険に加入しましょう。

軽登山から、アイゼン&ピッケル使用の山岳保険、クライミング保険など、

さまざまなタイプがあります。ご自分のニーズに合わせて保険を選びましょう。

 

*保険についての詳細は、各取扱い先にお問合せください。

 


 

【日掛け】

YAMAP登山保険

モンベル保険

 

【年間】

モンベル保険

日本山岳救助機構会員制度「略称jRO(ジロー)」