グリーンシーズン登山スタート♪

雪解けが進み、低山では、登山道が現れ、
いよいよグリーンシーズン登山の始まりです。
今日は、冬はこもっていたというお二人を誘い、
三角山(311m)~奥三角山(354m)縦走へ。

 

三角山までですと、往復1時間ちょっとで物足りないのですが、
奥三角山までとなると、アップダウンが続き、頂上手前に急登があります。
ちょうど、ほどよく疲れる。
なまった体を目覚めさせるには、ちょうど良いコースなのです。

 

ここは、人気の山ですので、駐車場があるとはいえ、
週末は一杯になるかもしれません。
札幌の利点は、公共交通機関を使える!こと。
今日も、西28丁目駅で集合して、バスで登山口へ。
そして、帰りは、途中大倉山から下りて、歩いて円山駅へ戻りました。
北海道の登山は、公共交通機関が使いない所が多いので、
ガイドは、必ず車移動ですが、
今日は、地元ながら、ちょっとした山旅気分をあじわえましたよ♪
そして、少しエコな感じなので、「良いことをした~」気分になりました。

 

雪解けした登山道からは、春の野草の花達が気持ちよく太陽を感じていました。
ちょっとした山ですが、家から歩き、移動し、山を歩き、歩いてまた帰る。
久しぶりに土の上を歩き、街を歩き、私もほどよ~い感じでした。

 

♪ 今日のヘルスデーター
▲歩いた距離:17.7km
▲歩数:27,343歩
▲上がった階数:131階

 

いよいよ、夏山はじまりますね。

 

 

 

冬の渡り人

冬になると北海道に渡り、
本土の仕事をしながら、スキーを楽しんでいるお二人。
今シーズンも、いよいよ、お別れの季節になりました(涙)
今冬は、風景の良い場所から、パウダー、そして春スキーまで
沢山、ガイドをさせていただきました。

 

最後は、お二人が行ったことのない、
黒岳の高度感ある風景の中のスキーをご案内したく、、、、
青木の願いは、叶いました。

 

シーズン終わりとなると、お二人ともハイク距離が延び、
結構高いところまで登り、そして滑り下りてきました。
MSKさんが、「ここから下りたくない~」と言うほどの風景。

 

私も、カナダのロッキー山脈で、初めて山泊に行ったとき、
そして、知床半島をカヤックで1週間野宿しながら回ったとき、
「帰りたくない~」と思いました。

 

そんな、ことを思い出させてくれました。
すばらしい~♪
そんな、感情が湧くこと、そんな気持ちにさせてくれる自然。
すばらしい~♪♪

 

この情報社会の中で生きる私たち。
やはり大事なのは=
「原体験」

 

この冬、本当にこんな私にガイドを沢山させてくれたので、
お別れぎみは、、寂しくなりました(涙)

 

やはり、人間、大事なのは=
「人とのつながり」

 

本当に、良い仕事をさせていただいてます。
また、夏鳥たちが南下する頃、
北海道へ北上してきてくださいね~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春~♪

雪山の日々から、ようやく花の春へ。
札幌の家から、約10分で、この水芭蕉群生地。
住宅街のそばに広がるこの自然。
歩いている人も、
鳥も、
空気も、
穏やかで、ピースフルな空間。
自然があるだけで、こんなに時間の流れが変わるんだな~と改めて感じました。
雪山も好き。
葉が芽吹き、花が咲き始めるこの季節も、好き。
好きの中で暮らしたい~

 

 

 

女ガイドのおつかれさま山行

北海道山岳ガイド協会諸族のガイドが一年に一回集合する総会を富良野で終えました。
その後、北海道の女性ガイド達と、
東北へのトリップを予定していたのですが、企画を煮詰めきれず、
大雪山エリアで、シーズンオフお疲れ様会兼ねての、スキートリップ。

 

早く春へ~と願うも、
1日目のカミホロカメットクエリアは、真冬なみ!
おかげで雪が良くて、板が良く走ります。
このクリフだらけの風景の中のスキー。
迫力があるでしょう~
スキーをしている私達もいれば、アルパインクライミングに来ている人もいて、
本当に素晴らしいエリアです。

 

2日目は、3人ともお初の山へ。
最近ちまたでは、ブームの「上川岳」。
アプローチが長いので、泊まらないと厳しそうなのですが、
最近は、崖がけの沢へ下り、日帰りで行っている人も多いので、
ルートを入手して、冒険です!
なんといっても、ルートを間違えれば、崖。
滑る斜面は、大斜面の超ロング。
層雲峡の駐車場で、テント張って、おつかれさま会して、翌日の上川岳に備えます。
いざ、上川岳へ!
昨日のカミホロの真冬なみの寒さと代わり、今日は、太陽が暑い!
上川岳の滑る斜面も、丸見えです。
黒岳の山頂まで、約1時間半。
そこから、崖に落ちないように稜雲岳を登り、約1時間半。
スタートして約3時間で、憧れの大斜面の滑り口まで到着しました。

 

 

そこから見える、黒岳のクリフの景色に、
またまた、すばたしい斜面が広がる、愛別岳に胸をときめかせ、
いざ!滑走~
大斜面~!!
超ロング~!!
でも、モナカ雪で、足がもたない~(涙)
強靭の??3人女ガイドも、ひ~ひ~叫びながら、大斜面を滑走しました。
そして、お帰りルートさがし。
まちがえば、崖にでてしまいます。
友人が教えてくれたルートのおかげで、無事に黒岳沢へ下りることができ、
そこから、また雪崩てくる斜面を脇目に、層雲峡ロープウェイへお帰り滑走。
なじみ深い大雪山エリアだけど、
初めての上川岳エリアの景色は、まるでヨーロッパ?!、、海外のよう~
こんなエリアがあるなんて!!
まだまだ知らない素晴らしい場所が、限りなくある。。。。
そこへ、これからどれくらい行けるのだろうか~
そう思うと、人生は、短い。。。
でも、行ききれないほど、素晴らしい場所は、この世界にはある、、、

 

 

 

春の旭岳

本州では、桜満開の季節でしょうか。
こちら北海道は、思いがけない4月の降雪。
静かになった旭岳では、
まだまだ、良い雪を堪能できそうです。
。。。が、今日は、まっちろ~
なので、視界がでるタイミングを見計らっての滑走。
焦らず、ゆっくり自然のタイミングに合わせて=
そうしているうちに、青空がでてきてくれました。

 

雪も良く、、、なんと、急遽、翌日も旭岳おかわり決定。
フットワーク軽いお二人のおかげで、
最高の景色が眺められました。

 

2日目は、いままで行ったことのないルートへ。
長く滑れて、春スキーのトリップ感はたまらないです。
太陽に感謝の春スキー。
やっぱり楽しいですね♪

 

今年の気温と雪の降り方の創作物。こんな大きいのは、初めてみました!

 

 

 

今シーズン当たりの中山峠

札幌から約1時間にある、豪雪地帯=中山峠

「あげいも」といえば。。。中山峠

ここは、シーズンはじめの12月ころと、

シーズン終わりの4月ころにのみOPENする中山スキー場があります。

札幌からニセコへ行くバスや車でにぎわう道の駅から出発して、

少し歩くと、メローでオープンな斜面がでてきます。

視界があれば、結構ロングで滑れます。

もう、春まっしぐらな中、中山峠は、うっすら雪がふり、まだよい状態。

今シーズンは、はずれのでなかった中山峠。

来シーズンも、よろしくおねがいします!

そして、毎回お古をレンタルように提供してくれるKNDご夫妻。。

なんと!

今回は!

じゃん!

スキー&ブーツ(2セット)とシールをお譲りくださいました!!

ありがとうございます!

これで、バックカントリートライアルができますよ~

(ブーツサイズに限りがありますが。。。)

来シーズン、、とは言わず、今春からもでもOKですよ。

是非、北海道の雪、素晴らしい景色の中、一緒に滑りましょう!

 

グリーンシーズン公募ツアー受付中♪

ようやく公募ツアーをアップしました。

2月上旬予定が、、、

早いうちに企画はできていたので余裕をかましていたら~

3月どころか。。。4月に!

ということで、、、ご確認ください♪

2019 公募ツアースケジュール

今夏は、公募ツアーは、シーズンはじめの6月週末に集中し、

あとは、月1程度。

そして、10月に個人的にも大好きな「道東ミステリー」と

昨年、下見にでかけた、南アルプス「仙丈ケ岳」ツアー。

10月の仙丈ケ岳ツアーでは、私のお友達が女将さんをしている

馬ノ背ヒュッテに泊まり、飲み会!?となりますよ!

北海道のお客様も、本州の山いかがですか?

本州のお客様は、飛行機の移動がないので、移動しやすいかな?

どうでしょう?

それでは、いつも集客率が悪い(笑)公募ツアーですが、

どうぞ、お友達、ご家族をお誘いのうえ、ご参加ください(願!)

 

 

新しい一歩をはじめます=

この2年間。

秘密?に活動していたことがございます。

「総合旅程管理主任者」資格の道。

 

個人事業主になって、山岳ガイドという立場で、

いまさら、スーツきて、いわゆる「添乗員」さんという仕事をするのは、

なかなか難しいと思います。

プライドや、、、

仕事内容や、、、

賃金や、、、、

それをこの2年間、ずっとでは、もちろんありませんが、

ガイドの合間にやらせていただいて、実務経験を積んでいました。

 

本当に、2年間、数少ないながらの添乗業務ですが、すごい!

いっぱい学びました。

1回40名以上の方が参加され、格安のツアーですから、

本当に色々な人の会い、クレーマーというタイプの方に会ったり、

大手旅行会社の旅行の実態や、登山ツアーの実態。。。まで。

昔より、添乗員さんの仕事環境がよくなった、、と言われていますが、

ほとんど24時間の、時給でいうと、、、雀の涙。

体力もいるし、精神的にも追い込まれる。

新人の若い世代の子は、ほとんど辞めて、人手不足の業界です。

私も、途中でやめよう~と思うこともしばしばでしたが、

頑張って続けてよかった!

3月に、いよいよ海外添乗の資格研修に行き、

「総合旅程管理主任者」の資格をゲットしました。

 

これって何に使えるの?と言う話ですが。。。。

昨年まで、東川に住み、

ローカルガイドとして大雪山をご案内できる喜びをずっと感じていましたが、

徐々に、海外の山も案内して、、、という声や、

そして、なにより、私が!!

海外の山や自然をもっと味わってみたい、という気持ちが大きくなってきました。

個人事業のガイド業で、稼いでかせいで~、

オフシーズンは、海外で山歩きざんまい!

という贅沢も、まだまだ、できぬ身分ですし、将来のことも考えると、

もっと世界見てみたい。。。できることなら、仕事でも行ってみたい!

でも、自分が、海外で登山ガイドをすることはできない。

それは、資格的にも、知識的にも。

自分自身がそうであったように、ローカルガイドさんの強みや敬意を考えると、

お客様にとっても、

その土地のことをよく知ったガイドさんに案内してもらうことが、ベストです。

 

私は、おかげさまで、英語が話せますので、

お客様の言葉のサポートや、その他のツアーのサポートとをする立場というのが、

自分の性にも合っていると。

それで、目指した「海外添乗」の資格。

 

この資格を持ったから、

Mountain Flowで、海外ツアーが行えるわけではありませんが、

旅行会社さんと提携して、

仕事をいただければ、海外トレッキングなどのエスコートの機会が

増えるでしょう。

 

そう、これから!

もちろん、Mountain Flowは、続けますよ~

いつの日か、

自分が大好きだった、

ケニア=アフリカの山や自然をエスコートできる日がきますよう。

資格をとれたから、OKではなくて、、、

これからです!

道産子、開拓精神で なまら がんばります~

 

3月ツアー(手抜き?レポート)

あっという間に3月も終わりですね。

2月半ば過ぎから、春へまっしぐら~

と思ったら、3月にまた冬が戻ってきました。

1、2月よりも、まとまって雪が降ったかも!

3月は、海外研修があり、バタバタ。

今回は、ちょっと簡単に(手抜き?)ツアーレポート。


 

3/7  DSK&MSKさんご夫婦 絶景!バックカントリー

冬は、本州から拠点を北海道にして、お仕事しながら、スキーを楽しむお二人。

もう、かれこれ何年のお客様になるでしょうか~

予報で「晴れ」が、高い確率でしたので、この景色を見せたく、

ここまで来ていただきました=十勝岳♨・カミホロエリア。

車2台を配車して、

この日は、絶景+お手軽バックカントリー。

登山口から、歩いて、10分で既にこの景色。

少々、ハイクしてから、滑り、滑り、少し登り、

三段山へ移動しながら、滑りながら白銀荘へ下りられるコースです。

バックカントリービギナーさんなどに、おススメのルート!

でも、ビギナーさんだけでなくても、この絶景に、ハイクの少なさは、おススメ。

是非、来冬、いかがでしょうか?


 

 

 

 

 

 


 

3/23  AKIちゃん Mileで参る!


Canada好きのAKIちゃんが、大阪からmileをうまく使って

弾丸1日札幌ツアー。

弾丸といっても、、、意外と、東京や大阪から雪山行くよりも、便利。

札幌から、約1時間で、雪山の大自然へ。

この日は、中山峠でスノーシューです。

強風&雪予報でしたが、風のおかげで、雲が流れ流れ~

青空出てきました~

結構出ていました~

他のエリアは、吹雪だったようで、ラッキー!

久しぶりの雪に青空、樹氷。。。きれいな景色をゆっくり堪能しました。

気温は、高くなってきましたので、

ゆっくりランチタイムも作れるようになってきました!


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

久しぶりのゆっくり歩き=山はいいね~

私も、楽しませていただきました!

次は、中山峠で、バックカントリスキーデビュー!!

お待ちしてます!!


 

3/24~26  アニョハセヨ~ 韓国パウダービギンチーム 3月のパウダー祭り


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな雪でも楽しむよ~と、毎冬やってくる韓国のパウダーグループ。

旭岳にずっと滞在して、滑っている方たちですが、

流石に、旭岳も人が増えて、新しい場所へ進出しはじめたようです。

3月は、もう春だよ~雪ないよ~と、ガイド泣かせな日程でご依頼ありましたが、

雪が降ってくれた!!

3月なのでしっとりですが、良いパウダーを3日間、、当て続けました。

よかった~

写真も撮らなくてよい、、というくらい、ずっと滑りっぱなし。

3日目の強風の日は、下界は雨。

山の上は、強風。

風を避けて、森を登っていると、良い滑りラインをみつけ、今後も使えそうです!

普通のルートをハイクしていったグループや外国ガイドグループの方は、

2段目で敗退~と言って、早く下山していましたが、

風をさけて、ツリーランのパウダーを味わい、お客さん達も、

「3日目が一番よかった」とのコメント。

ガイドしがいのある1日でした♪


・・・

と、そろそろ、スキーツアーも終了です。

チャレンジングな冬でしたが、こんな冬だからこそ、雪のありがたみがよくわかる。

貴重な時間でした。

そして、あっという間に3月も終わり。

平成も終わりです。

冬、ありがとうございました!

でも!!私は、まだまだ滑ります~

 

 

 

歩くと見れる景色

昨日の視界ない山から一変。
旭岳さんの全貌が見えます=晴天!
さすが、旭岳は、混みこみで、ロープウェイ乗車の待ち時間40分オーバー。
こんな冬の旭岳、初めてです。
10何年前なんて、週末でも数人しかいなくて、パウダーの日も多かったし、
急いだり、他の人の事を気にしたり、まして、人が多いことや、にぎやかな人による
ストレスなど全く感じない環境だったんですよ。
あの頃は、平和でしたね~
人のにぎわいぶりは変わりましたが、
相変わらず変わらないのは、雄大な景色。
今日のお客様も、バックカントリーギアレンタルで、少し歩いて、違う斜面、違う景色へ。
ロープウェイ回しが主流の旭岳ですが、
今日のように、歩いて&滑って&登って&滑って。。。
慣れていないと、本当につらいでしょうが~
すばらしい景色や自然の静けさを味わうには、本当に良いものです。
私も、滑りだけでなく、こうゆう自然の空間にいること自体が好きなので、
雪が悪くて滑れなくても、ハッピーな人間です。
今日のお客様は、東京在住の海外の方と日本人の方。
旭岳へは、何度も訪れているようですが、
今までみたことのない景色や下山後の東川町案内含め、
今まで経験していないことばかりだったようで、大変喜ばれていました。
夏も、来たいし、東川町をもっと知りたい!
。。ということで、今は、札幌人になってしまった私ですが、
元「地元ガイド」の強みを発揮できた1日でした。
また、お待ちしております♪