台風18号

2017, Sep 19th

またしても、日本に大きな被害をもたらした台風18号。
先日は、北朝鮮によるミサイル。
なんだか、こうやって生きていること、生活していることが、
当たり前のように、そして、ぬくぬく、山へ行き暮らしていましたが、
自然や自分の力では及ばないことに対して、どうやって対面してゆけばよいか?
考えさせられ出来事が増えてきています。
昨年、私の住む東川町でも被害が大きく、そして大雪山エリアの多くの林道が崩壊した
台風の被害経験から、山自体ではなく、アクセス(登山口までの林道や道路)の移動にも、
大変敏感になっています。
今日も、旭岳でのご案内予定でしたが、台風で、登山中止、、ならば、観光へ。。とはいえ、
それさえも、リスキー。海外のお客様だったので、少なくとも中止の説明をしにホテルへ。。と
運転しましたが、途中で、風が強く、木々が大きくしなり。。倒木の危険も感じ、引き返し、
電話で中止のお伝えをしました。
海外の方は、台風を経験したことがないので、あまり事の重大さを感じていないようでしたが、
何があるかわからない。
何もない確立の方が高いように、感じるけれでも、見えないだけで、紙一重です。
登山もそうなのです。
安全で下山できた。。何もない=ように感じるだけで、リスクは沢山あります。
今回の台風により、
旭岳ではありませんが、十勝岳温泉へ行く道路は、倒木のため、通行止めになったようです。
(その日のうちに、通行止め解除されました。)
このような強風や大雨が積み重ねれば、土壌や木々は崩れやすくなっており、
また、勢力が小さくても次の台風の際に、崩れる。。。こんなこともあるのではないでしょうか=
ガイドしていると、「敏感」過ぎる、と思われますが、
このリスクを把握できて、それに対応できるかどうか?で、登山経験や技術が決まります。
山で、「登山歴○●年のベテラン」さんとか、ありますが、
長く、多く登っていればベテランさん、、ではなくて、
いかに、山のリスクを把握して対応できるか、、、それが決め手だと思います。
この時期の大雪山に台風。
特に、大雪山の悪天時は、大雪山に「噛まれ」ます(笑)
一気に冬山にもなりえます。
仕事がキャンセルになるのは、収入としては打撃ですが、
こうゆう時は、焦らずに、お休みすること=自然に反することはしない。
そしたら、また良いチャンスが訪れることでしょう。
大荒れの外の景色を見ながら、山ではどうなっているか想像しながら~
たまっていたBLOGを書いてみたり、
映画をみたり、
死んだように昼寝してみたり(笑)。。。
そんな青木の台風の過ごし方でした。

 

今世紀最高の紅葉!~マサイ族編

2017, Sep 17th

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左:永松真紀さん 中央:真紀さんの夫、ジャクソンさん  右:早川千晶さん

今日は、なんと!ケニア、マサイ族の方と
ケニアで活動されている日本人の方と高原温泉沼巡りを歩いてきましたよ!
ケニアの首都ナイロビにあるアフリカ一と言われるスラム街「キべラ」で
“マゴソスクール”という学校を設立&運営されている早川千晶さん。
そして、マサイ族の第2夫人となった永松真紀さんと旦那さんのジャクソンさん。
このお三方の講演会が、いつも秋ごろにあるのですが、タイミングが合わずに、
過去数年、ず~っと行けず。。。。
しかも、早川さんとは、私が協力隊の赴任時の研修で訪れるはずだったのですが、
その頃は、選挙の暴動のあとで、バスから下りることをゆるされず、お会いすることができず。
なので、10年来の、、お会いしたかった方と、なんと!大雪山でお会いすることができました。

 

永松真紀さんに関しては、協力隊仲間から貸してもらっている本「私の夫はマサイの戦士!」
をずっと読み。。。まさか、このような形でお会いすることができるとは。

 

本当に、縁とは不思議なものです。

 

その縁をつなげてくれたのは、
札幌で、ゲストハウスとバーを経営している山岳ガイドさん「奈良亘さん」企画で、
マサイ族と歩く高原温泉ツアー!という企画があり、私も便乗させていただいた、という訳。
奈良さんも、南極で暮らしていたり、本当に面白いガイドさんです。

 

さてさて、今日の、高原温泉は、紅葉ピークまぢか!という感じでしたが、
明日から来る台風を考えると、、、もしかすると、今日がピーク?!かも。

 

札幌チームとの合流が遅めでしたので、かなりの駆け足ツアーでしたが、
きれいな大雪山の紅葉を一緒に味わい、みなさん和気あいあい=

(あまりにも駆け足だったので、今回私を通して参加したお客様には、来年お詫びツアー(笑)します)

 

ケニアでは、絶対に見られない色鮮やかな紅葉。
そして、沼の水のきれいさ。

 

ゆっくりお話できないながらも、最終ポイントの高原沼での休憩で、
ケニアでのノミニュケーションには欠かせない飲み物、チャイ(ミルクティー)をふるまい、
ジャクソンさんに大変喜ばれました。
「なんで、そんなに大きなザックを背負っているのだろう?」
と、早川さんも、松永さんも思われていたようですが。。。
中から、人数分のチャイを入れたポットが!
私の今回のお役目を果たすことができました!

 

そして、今日のガイド料は、
マゴソスクール運営に充ててもらうため、早川さんに寄付させていただきました。
お客さんには、「青木さん、生活大丈夫ですか!?」と言われましたが、
ケニアの人や孤児の子供たちを考えたら、全然、、、です。
普段、ガイド仕事をがんばって、このような時は、利益のない活動をできれば! と思います。
。。。と、かっこつけてたら。。。
台風で、ツアーキャンセルになり、2日分のガイド料~さよなら~(涙)

 

でも、ケニアでの生活を考えたら、お金がなくても、どうにかなる。。。と感じるのです。
ハクナ マタタ!(ノープロブレム!)
ですたい!

 

こんな青木ですが、今後とも、何卒、皆さまよろしくお願いします (祈願)!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして、ケニアで活動されているお二人の情報です。
是非、これを機に、アフリカ、ケニアの世界へ触れていただければ、光栄です♪
▲「早川千晶さん」=ケニア「マゴソスクール」の活動については、こちら↓
http://magoso.jp/
▲「松永真紀さん」=マサイ村へようこそ! blog & 活動については、こちら↓
http://masailand.com/profile/
▲「奈良亘」ガイドが経営する「Sappolodge」については、こちら↓
http://www.sappolodge.com/

 

 

今世紀最高の紅葉!クライマックス編

2017 Sep 16th

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は、Mountain Flow公募ツアー 赤黒縦走ツアーでした。
紅葉がすごくきれいなので、メールをお送りしましたが、
赤黒縦走と。。距離も長めなので、お申込みをされた方でも、
難しいと思われた方には、お控していただきました。。。
また、体力付けて、来年チャレンジしましょう!
「今世紀最高!」とか、新聞なので騒がれているようですが、
私が大雪山に登るようになってから、間違いなくぴか一の紅葉です。
今日は、黄色も追いついてきて、赤と黄色。。。とさらに色深い紅葉となっていました。
朝一の層雲峡発のバスも、込みこみ。
山にも沢山人がいました。
こんだけ沢山人がいれば、熊が怖くて出て来れないと思うのですが、
みんな、大きなくま鈴を鳴らして=
人が多くなれば、マナーが悪い人もいて、、、、、
山のパトロールの人が、「この良さを広めなくてよい=人は沢山来なくてよい=」などと
言っていましたが、少し気持ちもわかりますね=
でも、やはり、大雪山の素晴らしさを体感してもらいたい!!と思います=
今日は、神戸からお越しのお客様。
海外国内色々と山を歩かれているようですが、北海道の山は初めてです。
来年は、トムラウシ縦走。。どころか、大雪山大縦走にチャレンジ!のためにも、
まずは、初の大雪山登山。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

紅葉は、これからどんどん下り、しかも、明日から来る台風で、
この紅い葉っぱたちは、とんでしまう~と思うと寂しい。
こんなきれいな紅葉を見れるのは、次いつなのだろうか?
私は、まだ大雪山にいるだろうか?
散ってしまう紅葉に、そんなセンチメンタルな気分になりました(照)
あっという間の紅葉。
台風が過ぎ、寒さも深まり。。。。
そして、冬も、もうすぐ。
そんな最後の紅葉を味わいました♪
あ、でも、まだまだ紅葉はこれからの場所もありますから、終わりではないですよ~
ご安心あれ!

 

今世紀最高の紅葉!~シマリス編!

2017, Sep 11th

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「紅いカーペット(草紅葉)とシマリスを撮りたいのですが~」というご依頼が!
リスが必ず現れて、お望みの写真が撮れるかは保障できませんが、
黒岳登山と、その撮影スポットデのサポートは、できますよ~
ということで、お客様の撮影サポートです。

 

ご依頼のあったお客様 HRD様。
ちゃんとした山登りは、初めて。。。と言いながらも、服装装備もしっかりされ、
息切れることなく、登山もばっちりでした。
撮影スポットは。。。既に沢山の写真家さんが。
風が強く、そして冷たい。
準備してきたダウンパンツを履いてもらい、私も完全防寒装備で、
「リス探しハンタ~」!!

 

さっそく見つけたシマリスさんは、ちょっと遠く。。。
でも、だんだん近くにも現れるようになり。。。。
また、しばらく姿がいなくなり。。。。お茶タイム~と思ったころに、また出現。
撮影スポットに着き、6時間は待っていたでしょうか。
昼前には、風もやみ、温かくなってきて、過ごしやすい温度になってました。

 

私は、写真を撮らないので、リス探しを手伝ったり、景色をゆっくり眺めていたり。
同じ場所にいるわけなのですが、行き交う登山者を観察したり(笑)
同じ場所なのですが、沢山の知り合いに会い、まさかの本州の知人ガイドさんにも会ったり。
同じ場所にいながら=飽きることがないのです。

 

いつも、登山ガイドで、常に動いています。
私のツアーは、ゆっくりペースで、景色も楽しみながら、休憩もしながら~ですが、
こうやって一か所にず~と6時間もいるなんて、、、意外と「暇」「退屈」と思われがちですが、
私は、苦にになりません。いつも以上にゆっくりと~時間をきにせずに眺められる大雪山。
それでも、雲がでたり、、、毎回変わる景色。
他の写真家の方には、「写真を撮らない人にとっては、退屈だよね~」と言われましたが、
そんなことはありません。
写真を撮らなくても、山にいるだけで幸せです。
それにしても、大きなレンズで、動物が出るたびに、行き来している写真家さん達。
すごいですね~
HRDさんも、おとなしいながらも他の写真家さんとうまく、テリトリー争いなく(笑)
初めて訪れた大雪山で、草紅葉の真赤な絨毯でもぐもぐしている、かわいらしいシマリス。
そして、誰もが憧れる、ナキウサギの写真を、押さえられていました。
すばらしい!!
HRDさんは、お仕事をしながら、アマチュア写真家として活動されているようですが、
展示されたり、ケニアの野生動物の写真集を出されたり、
おとなしそうな感じとは、まったく異なり、かなり精力的にご活動されているようです。
ケニアのお話ができたり、北海道の野生動物のお話ができたり、
登山中の会話も楽しませていただきました。

 

来年は、モンベルひがしかわ店2Fで、ケニアの野生動物の写真展をしてもらいたい!!
と、私からのリクエスト=
私も、来年こそ、アフリカへ行けますように~。
なんだか、同じ匂いの方が、Mountain Flowを嗅ぎつけてきてくれる。。。
そんな、うれしい出会いの一日でした。
また、お会いできる日まで。。。
そして、HRDさんの写真集楽しみにしております♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

今世紀最高!の紅葉 ~ピーク編

2017, Sep 9-10t

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

冬にガイド師匠のところへ来る滑りチームが大雪山縦走山泊へ来ました。
オリジナルプランは、愛山渓より入山で裏旭テント泊でしたが、
紅葉の進み具合と天気の兼ね合いで、ルート変更。
「1日目)黒岳→石室小屋またはテント泊/2日目)北海→白雲→赤岳→銀泉台」へ。
天気が不安定で、予報がはずれまくり。
黒岳から入山も、風が強めで、晴れまがでそうで、、出なく、
雨がやみそうで、雨具を脱ぐと。。。雨が降るという、山のアイロニックな法則。
それでも、黒岳山頂に着くと、紅葉した雄大な山の景色。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小屋に着くと、テント場一杯。
雨も降りそうではなさそうなので、テント泊にして、さっそくお決まりの乾杯!
さすが、山の上は、寒い=!!
ので、アルコールで一時的な(笑)体温め。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そろそろ、本格的に寒くなってきたのでテントに入り、またうだうだご飯をたべたり飲み~
「明日の朝は、晴れてたらご来光!」で、、、、「おやすみ~」
その後、ぽつぽつぽつ~と雨。
3:30に設置したアラームが鳴る頃も、雨音。。。
そのまま、外を確認することなく寝続けました。
2日目には、晴れる!という予報も、、、どうしたの?!というほど、外れ。。。
それでも、紅葉は、どんどん紅く紅く~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、思いの他、空気は冷たく。。
そして、黒い雲が来た~と思ったら、白いホコリのようなものが空から。。。
まさかの雪!初雪です=♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雪が好きなメンバーだったので、キャッキャはしゃぎ、握手して、一気にテンションマックス。
その後も、標高下げれば、雲から抜けて、明るくなるだろう~という予想もうらぎられ、
雨具をずっと来て下山。
そんな慌ただしい天気でしたが、紅葉は美しく、
そして、虹!というオマケ付。
色が色々ありすぎて~
寒いのから蒸し暑いのまで味わい、まるで1泊2日とは思えない山行でした。
紅葉がきたら、次は、冬の準備。
また、雪の季節に会いましょう~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

今世紀最高の紅葉!~始まり編~

2017, Sep 4-5th

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1泊2日の大雪山縦走登山。
デザイナー&写真家のnikitaと神戸よりトレイルランナーのyukkieが来てくれました。
まだ、紅葉には早いはず~と思い登り始めた銀泉台。
なんと!仕入れていた情報よりも、思いのほか紅葉が早く進んでおり、
きれいな紅色が山を染めていました。
空も青空!
ただ、1日目は、風が強め。
2日目には、千歳空港からお帰りの予定だったので、
2日目は早く下山できるように、黒岳石室まで行きたかったけれど、
せっかくの大雪山の気持ち良い風景が広がる稜線歩きが、
強風で修行に。。。。なりそう~
なので、予定を変更して、「白雲岳避難小屋泊」に変更。
距離が短いので、早く到着。
風も強まり、予報にはなかった雨も降り出し~
ビール1杯目を終えたら、後は、昼寝タイムzzz。
昼過ぎには、山小屋やテント場について、昼寝したり本読んだり。。。
そんな過ごし方が個人的には好きなので至福タイム。
自然と起きたころには、うす暗くなり、夜ご飯タイム。
今日は、ハンバーグ付スープカレー。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

nikitaが、100均で買ったというお皿は、まさにカレーにぴったりで、
山小屋ながら、カレー屋さんのような雰囲気でグー。
おなかが破裂しそうなくらいたべて、あとはくっちゃべって、また寝る~という山小屋タイム。
2日目の朝。。。晴れる予報がずれこみ、朝は、少しガス。
早く出発したいものの。。少し時間差攻撃で、ゆっくり目の出発。
そうしたら、出発頃には、青空が見え始め、稜線歩きは、風も穏やかに、青空に恵まれ
大雪らしい時間を味わいながらテクテク歩き、黒岳へ。
「今世紀最高!」と表現された紅葉が、ちょうど始まった日でした。
これから、紅葉の進み具合を楽しみに、層雲峡へ下山して温泉して、
yukkieはその日のうちに神戸へ。
不思議なくらいあっという間で、神戸へ帰ったその日に、
こんな景色の山を歩いていたなんて。
たった、さっきの事が、もっと以前の事のように感じちゃう
山の時差って、、、逆)浦島タロー気分。
紅葉もはじまり~はじまり~♪
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
センス抜群の写真とデザインniki ayako HP↓

http://ayakoniki.com/index.html

 

 

初紅葉

2017, Sep 4-5th

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1泊2日の縦走登山。
高山帯の草紅葉は良い感じ、なので、それがお目当てでしたが、
わ~ぃ♪
ナナカマドさん達も紅葉始まってました。
青い空に、真赤な葉っぱ。
思いがけない紅葉登山に満喫。
自然から、サプライズ!ギフトされっぱなし。

 

おしらせ「大雪山高原沼巡りwith マサイの戦士」

~主催:Sappolodge

masai&紅葉

札幌のゲストハウス「サッポロッジ」のオーナー
奈良亘ガイドさんの企画に、Mountain Flowも便乗します。
アフリカと大雪山好きは、是非ご参加ください!
Karibuni~!!

 

■日程:2017年9月17日(日)
■集合:東川/当麻道の駅 @8:00~
■料金:8000円(移動費、温泉代、行動食昼食代など別途)
■内容:紅葉はじめの静かな大雪山高原沼巡りコースを、マサイの戦士のジャクソンさんと歩きます。歩行時間は、アップダウンが多少ある約4時間。急な登りはありませんが、散策にしては、少し登り下りのある道です。登山の服装と装備が必要です。ガイドが2名いますので、ご安心を。青木はスワヒリ語でガイドします♪
■定員:4名(*Mountain Flowの受付での定員人数です。)

 

またまた涙の週末

2017, Sep 2-3rd

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初めての山泊「黒岳」を大変楽しみにされていたことでしょう。
しかし、また来ました、涙の悪天の週末。
今回は、台風接近です。
悩みました。なんども台風の進路を見つめてました。
でも、風が微妙なんです。
そして、山は、初めて山泊をされる方にとっては、かなりの低温なんです。
なので、泣く泣く。。私は、今回「中止」を判断しました。
代わりに、天気のよい1日目に、日帰りで緑岳へ。
紅葉も進み、天気ももち、
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そして、ひぐま、成獣1頭と子熊2頭を眺めることができました!
熊をみると、大雪山の大自然を感じますね~
来年は、早い時期に、初めての山泊を企画しますので、
是非、来年にご参加くださいませ!
そして、行きましょう。。憧れのトムラウシ!!
天気悪いと、私のおさいふも寂しくなりますので(笑)
おてんとうさま!よろしくお願いします♪

 

 

秋登山がはじまりました♪

2017, Sep 1st

cropped-DSC04998.jpg

しらないうちに(笑)9月になっていました!
すっかり山も冷え込み、紅葉前線もスタート。
Mountain FlowのHPの表紙も秋ように模様替え。
山では、高山植物のウラシマツツジが真っ赤になり、
ピークを既に迎えております。
今年の紅葉は、なんとなく、、、きれいになりそうな感じがします。
9月のスケジュールは、埋まってきておりますが、
まだまだ、公募ツアーやプライベートツアーが可能な日もありますので、
何卒、気軽にご参加くださいませ。
お待ちしております♪