台風な本州トリップ③ガイド仲間とクライミング

このまま帰ると、台風体験ツアーになってしまいますが、
この後は、北海道のガイドさん達と合流してクライミングです。
クライミングメッカの小川山。
北海道でも、一緒に登ったことのない豪華なガイドさん達。
久しぶりに身内に会い、ほっとした~
ここから2,3日は、岩登り~たき火をリピート。
北海道では経験できない、スラブやクラック!
すごい~!
痛い~!
たのし~!

 

 

 

台風に翻弄されながらも、この機会を持ててよかった。
ただ自分たちが登っていた山の裏側は、被災地。
最終日は、ボランティアに行こうと話していたものの、
まだ外から来たボランティアを受け入れないということで、ただただ、帰るのみ。

 

長野から東京へも、通常通り移動できないので、まわり道。
氾濫した後の川の様子、土砂崩れでつぶされて家、、、
そんな景色を見ながらも、自分は日常を続けていくという葛藤。
自然災害が多すぎて、、若干、意識が災害慣れしてきている自分。
また次、そして次の次の台風がきている。
異常。
地球上で起こっている悲しい現実に落ち込んでいても、何もならないので、
自分は、自然や世界をフィールドにしている「ガイド」という役で、何ができるか、、
考えなきゃいけないな~
ぜんぜん、心と頭が追いつかないけど、
今週末から行くネパールトレッキングでも、なにかヒントがありそうな気がしています。

 

ただ山に登って楽し~!だけではなくて、
みなさん、山に登ることで、自然のあらゆるつながりや、自分について、
知らないうちに意識するようになっていると思います。
だから、山へ登ること、、、すばらしい=
・・・と、まずは、こんな結論で m(・~・)m

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です