台風な本州トリップ②一過からの移動編

さて、今日、台風がやってきます。
もし、今日さえやり過ごせば、明日の天気は、晴れ予報。
風も、午後にはおさまりそう。
もし台風の被害がなければ、午後には山に上がれるかも。。。
と願いながら、、、、
公共交通機関がストップする前の朝一で、駒ヶ根から伊那まで移動したかった。
車だと、たったの30分。

 

と、、予定は、、
昨夜、宿の人と酒盛りをしている間に「買い物ついでに送っていってあげるよ~」
宿には、私一人。
私もすっかり甘えてしまったのですが、翌朝の出発になると、意外と風や雨が強く、
「無理していく買い物ではない、、、」と、行った雰囲気。
すでに電車は運休してしまったし、、、、
こんな中移動するのも、両方の宿の方にも心配かけるので、もう1泊することに。
「ここは、台風がきても、比較的守られている」と言っていた宿の方のお言葉通り、
台風の爆風や大雨も感じずに、夜が過ぎていきました。
それでもニュースでは、台風が爪痕を残しながら、進んでいく様子が痛々しい。
あらゆる公共交通機関もストップ。
いた場所が、あまりにも穏やかだったので、こんな間近で被害が大きいとは、、、
本当に、他人事ではありませんが、実感が湧かないほどの穏やかさ。。

 

翌日は、まだ電車もバスも運休。。とういことでしたが、歩けば着く!と思い、
駒ヶ根の宿をでて、伊那へ向かいます。
唯一動いていた、駒ヶ根駅までのバスを待っていたら、近所の方が、
「山に行くのか?ロープウェイは運休だよ。どっから来た?北海道?そりゃ、不便だの~」と
声をかけてくれました。こんな、声掛けにうれしく。

 

駒ヶ根駅では、やはり運休。
天気も良いし、「歩くべ!」と13km=約2時間半と道のりを歩くことに。
仙丈ケ岳への林道バスの道も、一部崩落ということで、山へも行けないし、
トレーニング、トレーニング。

 

昨日の1日が信じられないほど青空で、仙丈ケ岳もきれいに見えます。
自分一人、バックパック背負って歩いていますが、
道路では、沢山の車が行き来しているし、穏やかだし、、、なんで?と思います。

 

歩くこと1時間半ほど。
休む場所もないので、とある無人駅「赤木駅」で休息。
きれいに見えすぎる南アルプスの山並みを眺めます。
すると、そこから伊那まで行くバスを発見。
今度は、バス旅です。

 

それにしても、行く場所行く場所、穏やかな日常です。
なじみある伊那に着くと、一安心。
少し、街ぶらタイム。
そして、またローカルバスを使ってお宿の「赤石商店」まで。
ツアー時に使う日をキャンセルしていましたが、山にも行けず、
急遽2泊させていただくことに。
宿も、キャンセルが続き、キャンセル料でもめているお客様もいる、、、など、
「こんな時に、お金とるんですか~!?」となったようですが、
宿の方に責任はありませんし、キャンセル料などの理解をして予約していると思うのですが。
ディズニーランドのホテルは、「キャンセル料なし」としたことがニュースになっていましたが、
大手ができることでも、個人商業にとっては、痛手です。
まだまだ、「お客様~第一」の日本の商業。違和感を感じます。
観光業者、、も、ある意味被災者。
私もそうですが、これから増えるであろう自然災害とその対応、、、
見直さないとな~と考えるできごとでした。
ただ、今回ツアー参加予定だったお客さん達は、みなさんキャンセル料に理解をしてくれて、
すばらしいお客さんたちに恵まれているな~と感じました。

 

 

さてさて、歩きながら色々なことを考えているうちに、
赤石商店へ到着。
ここは、宿のほか、色々な面白い企画をしていまして、
今夜は、映画上映があるということで、そちらも観賞させていただきました。
今回は、癒しのリトリート的な旅にはならなさそうですが、
人、考え、、色々な出会いや発見を引きつけているような気がします。
スピリチュアルな人間ではありませんが、「ひきつけの法則?」のように、
自分には会うことになっている人達なのかな~と感じることばかり。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です