山泊デビュー応援ツアー

最近、お天気が安定しませんね~
数時間おきに天気予報も変わります。
こんな時は、その時そのときに、判断していくことになります。

 

今日は、楽しみにしていたテント泊デビューツアーの日。
お天気は、雨~(涙)
そして、タイミングよく??寒気がはいり、気温もぐっと低くなります。
これは、なにもない裏旭でテント泊は、初めての方にとってはきついもの。
なので、今回は、黒岳の石室の小屋泊へ変更。
翌日は、状況よければ、旭岳へ縦走ルートに変更です。

 

1日目は、パッキングの仕方など、ゆっくり時間をかけて、
雨が弱まるタイミングを見計らって出発です。
どんより雲&雨の中、黒岳リフトに乗っていると、反対側の下りてくる方に友達が。
「意外といいよ~」という、???な言葉をかけてきました。

 

その意味が、登りはじめ、山頂が近くなるとわかりました。
雲がうすくなり、青空もみえたり、太陽の光で暑くなったり。
ちょっとでも、こんなサプライズが、うれしいですね。

 

小屋につくと、意外とテントを張っている人達が。
夜も、一降りきそうですので、今回、本州からきたお客様以外は、みんな小屋泊まり。
汗?雨?でぬれた衣類から着替えたり、寝床をセットしたり。
そして、ご飯タイム。
今回も、スープカレー with ハンバーグのせ。
お米からご飯も炊いちゃいます。

 

今回6名様と多い人数になりましたが、ご飯待つ間に、
アルコールも入り、わきあいあい、お話できたでしょうか~

 

翌日は、「もし!視界が良ければ、ご来光」~ という予定も、
早く起きた人達の「まっ白だわ~」と言う声で、外にいかなくても、確認できてしまい。。。
今日は、1日ガスガスの中、旭岳まで7時間の縦走か~と覚悟していたのですが、、、
出発時には、意外と青空でてきた~!!
初めて大雪山を縦走する皆さんに、雄大なお鉢平を囲む山々の景色をおみせできて、
よかった~(救われました)

 

そして、北海道第2の高峰、北鎮岳も登り、
今日の核心部の「裏旭岳の登り」です。
みんな、泊まり装備ですし、今までに味わったことのない急登。
一歩一歩、ゆっくりです。すこし、急登が過ぎ、一休止。ぜんぜん、その後も、
まだまだ、普通に言いますと十分「急登」なんですが、
なんせ、その前のより急な斜面を登っていますので、
みなさん、「楽だ~」という、おかしな表現。。。全然、急ですよ!

 

。。。とこんな調子で、どんどん、積極的にチャレンジングな斜面に挑んでいただきたいです!
そうすれば、いままでつらいと思っていたことが、楽に感じますから~
山は、経験♪

 

流石北海道の最高峰は、いつも雲がかかっていますが、
これまた、ラッキーな瞬間にありつけまして、雲が流れ、視界が良くなりました。
他の登山者も、「おお~」と、立ち上がり、その一瞬を写真に収めていました。
さて、いよいよ旭岳を下山のみ。
下山が苦手。。。という方も、すたすた、良いペースで下山してきました。
2日目は、8時間の縦走。

 

天気が、あんまり~ではありましたが、よくあること。
風がなかったおかげで、山には入ることができました。
パッキングから小屋での泊まりなどなど、みなさんよい経験ができたのでは、ないでしょうか~

 

マイテントを試したかった方は、今回デビューできませんでしたが、
是非!また、テント泊デビューを叶えられる機会を作りたいと思います。
6名の皆さん、ありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です