エコな冬生活

2017, Dec 18th

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

週末空けは、道具の整理と家の大掃除。
冬の生活。
私にとっては、
薪という資源、
火力という資源、
雪という資源を通して、
自然のありがたみをより強く感じる季節です。
薪ストーブの周りには、山の道具から、洗濯物。
そして、料理道具(山用のコッフェル達)に、
薪をくべるのは、使い古したブラックダイアモンドの皮グローブ。
夏は、コンポストに投入していた生ごみも、薪ストーブの下で、
水気を切って、すこしでもCO2削減のために干しています。
特に、生ごみは、そのままポィッ「さよなら~」ではなく、
一度ざるに上げ、そして、乾きやすいように広げるので、
自分が何をどれくらい食べ。。というのが良く分かるので、
健康にも意識が広がります、
1日、好きな音楽をかけ、掃除洗濯、除雪薪割り。
夜は、山道具をより使いやすくするために縫物。
家にいるのに
山を感じ、自然の恩恵に感謝する冬の生活。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です