紅葉山泊~募集中~

2018, Aug 30th

うすうす気が付いていたのですが~
Mountain Flowのツアーは~
なんだ~かんだ~
日程を設定した公募ツアーより~
結局は、プライベートのご依頼が多いです~
・・・よ~
本当にお一人で歩きたい方もいますが、
お一人だとプライベート料金もお高くなるので、
他に同じ山に行きたい方いらっしゃいませんか?
というリクエストも多いです。
青木をよく知っている方なら、存知上げると思うのですが、
本当に商売に向いていない。
心を鬼にして、しっかり山岳ガイド協会規定の料金をとればいいのですが、
ゆるゆるしています。
なので、リクエストがあってから、公募ツアーにすることも多く、
9月の紅葉時期は、スケジュールがコロコロ変更しています。
本当に、申し訳ありません=
どうか、変更されたスケジュールをご確認ください↓
【変更・秋山スケジュール2018】
そして、紅葉の山泊推進強化月間です。
9月8-9日(土日) 旭岳ー裏旭岳テント泊ー安足間または中岳♨周り>>残り2名
9月16-17(日祝月) 赤岳~緑岳縦走@白雲避難小屋テント泊 >>残り1-2名
今年は、天気のせいか、
お花もぱっとしなく、あっという間に9月に。
紅葉は、今年もきれいな年であってほしい=
そしたら、冬❤

↑こんな紅葉の霜フレームが素敵な時期

 

 

 

届く!カナダの風~

2018, Aug 29th

数年前に大雪山をご一緒したKBさん。
その時に、カナディアンロッキーのお話をさせていただいたKBさん。
偶然、今シーズンも旭岳で遭遇したKBさん。
なんと!この夏に、カナディアンロッキーを歩きに行かれました~KBさん。
そして、カナダの空気と共にフリーペーパーを送っくれました。
ありがとうございます、KBさん!
あ~うれしい、こうゆうスタイル、すばらしいつながり♪
カナディアンロッキーの雄大さ。。。無の境地。。「空」の空間。
カナダ人の穏やかさと豊かさ。
町でアウトドアに慣れ親しんだカナダ人の生活と共に流れる時間。
全て癒されるのです。
私も、来年、再来年、、、また、夏のカナダに行けるよう~
がんばろ=
みなさんも、一緒にいかがですか?
人生に一度は、カナディアンロッキー♪
話しを聞くだけで、夢が広がる、ワクワクする。
KBさん、ありがとうございます!
9月は、毎年カナディアンロッキーに行き、
そのワクワク感を残したまま、大雪山病にまたかかりにくMRさんも来るし。
あ~私は、御客さまのおかげで、
生きている~生かされている~♪ (by みつを風)

 

↓青木がカナダで過ごした思い出をみなさんにおすそわけ♪

↓コロンビアアイスフィールドでのサミットで誕生日を迎えた私。山と仲間と最高の誕生日!

https://www.facebook.com/sanne.e.hansen.5/videos/2096440377305/

 

 

 

雨=休日

2018, Aug 25th

↑最近、時間あれば、自由にペイント。山で水彩画描けるようになったらいいな~♪と練習。

「大雨で林道崩壊」・・・とかけまして
「台風」と解く・・・
その心は~
「ツアーCXL(キャンセル)」
です~!!
楽しみにしていた日高のツアー
4日間の仕事がなくなり~
大泣き=
と、泣く泣くの雨の週末。
「誰か、私を癒して~」

 

。。と、葉書が届きました。

先日、緑岳を登ったITさんより。
メールや携帯での連絡できない方もいて、
電話やはがきが大切なコミュニケーションツール。
こうゆう層の方で、山に行きたいけど、行けない人がまだまだ居るんだろうな~

 

ITさんの優しい字とノゴマちゃんのかわいいイラストに
私は、癒されました~
ありがとうございます!

 

ただでさえ、少ない仕事量の今夏なのに、
さらに、雨で仕事が少なく。。。
でも、自然を相手にするお仕事を選んだので、しょうがない!

 

みなさんは、山に行くつもりの日が雨になったら、
何をされているのでしょうか?
久しぶりにアナログに戻って、手紙やはがきを書いたり
してみても、良い雨の休日の過ごし方かもしれませんね。

 

 

太陽に感謝@緑岳

2018, Sep 20th

天気が変わりゆく1日。
白い状況からはじまり、
風のおかげで、雲が流れ、
ちらちら見える太陽と青空。

8月なのに・・・まだある雪渓が解け始めたところは、お花達。
山頂目指す登山は、もう。。できるかしら?、、というITさんは、ガレ場を怖い怖いと言いながら
12年ぶりの緑岳山頂へ。

シーズン中は、忙しすぎる宿をしている友達のMYMさんは、
稜線上に伸びる登山道に心奪われ。

私は、太陽のありがたみを感じながら、山の神様の羆さま探し。
町は、夏日だったようだけど、山は秋。

紅葉、、そして雪の季節が楽しみ。
何度登っても、大雪山の景色はすばらしい!

 

1年越しの初山泊@黒岳

2018,Sep 18-19th

↑今回泊まった黒岳石室と@桂月岳

 

昨年は、台風の影響で流れた初の山泊ツアー。
講習やツアーにも参加され、
山勉熱心で関心するお三人のHROさん、YSZさん、Ko-Choさん、from旭川。
1年越しの山泊ミッションコンプリートです。
これから、「初山泊」を経験したい人にも参考になるように、
今回のツアーをレポします♪

続きを読む

秋へのステップ

2018, Aug 15th

雨の日が続きますね。
雨が降るたび、秋に近づいているようです。
この夏も、なんだかんだガイドの仕事ができて
自分の山へも行けて、
海の良さも味わえるライフスタイルになり、
少しずつですが、生活環境と共に、自分の中でも変化があるような感覚があります。
今日は、終戦記念日。
雨音を聞き、夜は、虫の音をBGMに平和な夜に感謝。
空気が変わってきましたので、HPの表紙も変わりました。
モデルは、大好きなIDさんです。
Mountain Flowの表紙モデルになってくれたお客様に
今度お礼します=
みなさま、残り良い夏の時間を。。。
良い山の時間を。。。

 

 

希望をもって。。。

2018, Aug 12th

昨日=8/11 山の日は、雨。
雨天決行のツアーですが、雨で視界がなければ、、、
せっかくの山の景色や時間、、、やはりチーンですよね。
お客様のニーズ、体力・装備、テンション、、、もろもろを含めて考えて、
雨でも登山できる日でも、中止にすることがあります。
それが昨日のツアー。
ただ、雨でも登山はできますし、雨だからこそきれいな風景もあります。
雨だと思っていても、山の上は、違う天気だったり。。その逆もありますが。。。

 

今日は、オーストラリアからきた北海道旅行中のお二人です。
天気予報が、数時間でころころ変わり、晴れ間を期待していたのに、
朝から雨。。。
でも、ロープウェイのライブカメラをみると、山の上は、晴れ間が見えています!
雨の日は、何をしよう、どこにお連れしよう。。。と考えていたのですが、
旭岳登山できそうです♪ やった~

 

お会いしたお二人は、「天気が~」とやはり心配なようでしたが、
私が、まずは、ロープウェイに上がってみましょう~とお誘い。
そして、到着した姿見駅から見える、旭岳のお姿。
「晴れを用意してくれてありがとう!」とお客様・・・
ありがたや~

 

大人の夏休みもはじまり登山者でいっぱいの旭岳の山頂まで、
ゆっくりゆっくり、がんばりました。
山頂では、雲に隠れることもありました、
ちらちら見える山の風景、、、寒くもなく、ゆっくりお昼休憩です。
準備した、北見のオニオンスープが大変お気に召されたようで、
たまたまロープウェイの駅で売っていたのを見つけて大喜び。
「オーストラリアに来たときには、私たちのおもてなしをさせて!」
とありがたいお言葉と抱っこコアラちゃんのマスコットをいただきました♪

 

天気が不安定な最近ですが、
山は、刻々と秋に近付いています。
「冬の準備をしよう!」と思うから、楽しい冬も、もうすぐです!

 

 

 

ツアー追加 8/20(月)

2018, Aug 11th

お客様からリクエストあり、公募ツアー追加です。
8月20日(月) 緑岳(2019m)
通称「松浦岳」とも呼ばれ、蝦夷地を冒険した松浦武四郎の名にちなんでつけられた!?
と言われていますが、実際は、ご本人様は、登られていないとか。
そんな話もしながら、北海道開拓150年。。昔の大雪山の登山の話など想像しながらの登山
いかがでしょう?

 

■参加費:7500円
■層雲峡集合:7:00am
■歩行時間:登り3時間/下り2.5 時間 (休憩を含んでいないタイム)

 

♪下山後の、大雪山高原山荘の温泉のお楽しみもありますよ。
最近は、プライベートツアー(お一人)は高いので、
こうやって、お客様のリクエストを受けて、公募ツアーを企画することが増えました。
皆さんのリクエストお待ちしております!

 

来週末の、黒岳小屋泊ツアー。。。予報は、現在「晴」。
昨年、雨で流れたツアーですので、晴れますように。
↓きれいな、朝焼けみれますように~
こちらも、残り1.2名参加可能です=

 

 

幌尻岳~日高山脈

2018, Jul 7-8th

久しぶりに一人山歩き。
珍しく、日高山脈へ行きました。
なんせ、熊で有名なエリアですが、
一人で山を歩きだすと、不思議な安堵感。
いいですね~たまには、一人で山歩き。
みなさんも、してみてください♪

 

とはいえ、今回は、仕事の下見。
いつも自分のツアーでは、持ち歩く食糧に調理器具。
それが、全部セットされている。。とのこと。
なので、どんな調理器具なのか、、本当にあるのか!?
心配性(?)なので、確認しに行きました。
これで様子もわかり、一安心。
月末、良い仕事ができそうです。

 

今回、幌尻岳新冠コースの道のりですが。。。
ダートロード=約2時間の運転。
熊よりも、タイヤのパンクや車のトラブルが一番怖い。
そして、林道歩き19㎞の約4時間で、小屋に到着。

 

一泊して、翌朝早朝に、ピークへ。
標高差1200mを一気に登ります。
コースタイムは約4時間。。。なので、結構な急登です。
登山道も笹やぶで覆われて、決して、歩きやすい登山道ではありません。

 

天気が崩れる予報でしたが、青空も出て、雨も降らない模様。
山頂では、誰もいなく、ゆっくり景色を一人占めして朝食。
奥深い日高の山並みと美しく連なる稜線を眺め、
次は、どこへ行こうか~と、妄想タイム。

 

たいていは、もう1泊小屋に泊まり、翌日長い林道歩きで帰るのですが、
明日こそは、雨予報ですし、時間をもてあましてしまうので、
今日中に札幌に帰ります。
幌尻岳の急坂を下りて~からの、
林道歩きは、さすがに堪えました。。。19㎞って長い!!
虫よけスプレーをしているので、刺されませんが、
ずーと、アブやら蚊が、周りを飛んでいるのです。
だんだん、一人も飽きてくるので、このアブ達ですら、
一緒に付いてきてくれてるんだ~という境地になったり。。。
でも、最後には、しつこいアブ達をポールで追い払ったり。。。

 

長すぎて、一人で鼻歌うたったり、
桃太郎とかぐや姫を英語バージョンで一人語りしたり。
最後は、独り言つぶやきながら、歩いていたかと。。。。
やっと車に着いた~!!と思っても、
そこからの、ダートロード50km (約2時間)の運転も長く。。。。

 

ようやく、コンクリート道路に乗った!
から、コンビニがあるような町までは、さらに30分。。。
帰りは、疲労もあり、やはり長く感じます。

 

それでも、このルートから行く人が多いのは、
沢ルートは、大雨の影響があるのと、道迷いなどもあるので、
こちらの林道ルートの方が、歩きが長いけど、
比較的簡単に(?)百名山のひとつの幌尻岳に登頂できるからでしょうね。
次回は、お客様と一緒なので、飽きないことと思います=

 

山は、「一人歩きもいい」 「連れと歩くのもいい」
その両方を感じさせてくれた山行でした♪

 

~おまけ<青木の夕食@山>
ツアーでは、色々作る私ですが、一人の時は、これだけ↓。
ビール&つまみ。
今回は、ちょっと豪華にハーブ味のラスク&レバーパテのブル-ベリージャムのせ。
おいしかった!

 

 

KIMOCHI~ 大雪山の稜線歩き!

2018, Aug 5th

今日は、
大雪山らしい高山帯の稜線歩き。
富良野岳~三峰山~上ふらのだけ~カミホロカメットク山のサーキット。
今日は、冬の終わりに東京から北海道に移住されたIDさんと、
来週末に初の山小屋泊!の足慣らしの旭川から3名様と楽しいパーティ。

富良野岳の山頂はパスして、
今日のメインは、ゆ~っくり、三峰山の稜線歩き。
山の裾野が広がる左右の景色。
よく歩いてきたね~と
自分を褒めちゃう、見えるみえる・登山道。

歩けばすすむ。
これ、まちがいなし。

あまりにも気持ちの良い稜線歩き。
ず~と、山の時間を感じていいたい。
私ですら、すでに、「また行きたい」=大雪山中毒。

今週末8/11は
山の日スペシャル。
大雪山の裏うらを歩いて巡る一周コース。
こちらも変化に富んでいて、
大雪山の広さやゆっくりした時間を感じられる素晴らしいルート。
山の日価格なので、是非ご参加くださいませ♪

 

週末は、大雪山に通う日々の青木ですが、
道中の運転でも、北海道の緑や夕日の美しい景色に見とれ、
ガイド後の余韻と共に楽しむ時間となっています。
北海道は、きれい~♪