追いつかない日々・・

2018, Feb 15th

IMG_0497

ようやく休みです。。
というか、ツアーの入っていない日です。
でも、家で、たまった事務仕事や白馬行きの準備。
仕事しない日の事を「休み」と呼ぶのですよね?
となると、ここ数年。。。まともな休みをとったことがない私。
来冬こそは=!!と思いながら繰り返す日々。
全然blogもアップできず。
カーポートの屋根の雪のように、どんどん溜っています。
頭には、「春夏のツアーの準備もしなきゃ・・・」
こんな調子ですが、、意外と嫌いじゃない私。

 

楽しいツアーが続きますが、
全然更新できませんので、白馬の試験から帰ってきてからアップします♪

 

★夏&秋登山のご計画がある方は、お早目にお問合わせください。
今夏は、トムラウシツアーに行きたい人が多そうです。

 

 

さよなら、いっちゃん

2018, Feb 14th

16F055A2-E58F-474A-AB19-3F922B336B51Mountain Flow立上げ時から、
人生相談登山によく来ていたいっちゃん。
彼女が、アメリカの雪のない場所へ結婚を機に旅立ちます。
最後のパウダーセッション。
良い雪と低温のおかげで、スキー場アクセスからお手軽に楽しいパウダーラン。
最後に良い思い出になったかな。
いっちゃん、お幸せに♪

 

山ガイドの1日

2018, Feb 5th

7B947AA7-B5B1-49D1-B77E-85C4A3C5E3D9

朝起きて、天気チェックして、雪崩アセスメントして、
雪が降った日は、除雪して、、
つるつる路面運転して、
お客さんの宿泊先でmeetして、
山移動して、
滑って、登って、繰り返し。。。
温泉入ってもらって(ガイド時は、私は入らなかったり)
宿泊先へ送って、
リクエストあれば、アウトドアショップいったり、
夕食も一緒にご案内したり、
19時過ぎに家帰って、ウェアと道具の片付けして、
雪崩アセスメントして、メールの確認して。。。
ガイド依頼が来ても「スケジュールがいっぱい、、」と返信すると、
他のガイドを紹介してくれ、、、と探したり、
しまいには、宿泊先やアクセスまで手配してくれ。。。とガイドしないのに、
色々な要望へメール返信。
その日の画像をお客様に送れたり、送れなかったり、、、
次のツアーの準備して、、、から、
この冬一番の大仕事「スキーガイド試験の準備しなきゃ=!!」と思いつつ。。。
「睡眠第一」と風呂に入らずに寝たりもする。
スキーシールがだめになるお客さんがいて次の日の行動に支障がでるので、
家に帰ってきてから、シールの手入れを無料でサービスすることもある。
お客さんの荷物を変わりに配達業者へ届けてあげることもあった。
お金払ってるから何でもしてくれる、、と思っているお客さんもいるから、時折困る。
山にいると近い存在になるので、「友達」のような感覚で、費用がかかることも
普通にお願いしてきたり、雪が降らないからと、ドタキャンする人もいる。
ガイドがいるから、雪が降らなくても、ハイクしなくても、
ガイドシークレットスポットのパウダーに有りつけると思っているお客さんもいて、相当困る。
ネガティブなことを考えるほど疲れるので、考えないようにして寝る。
「ネガティブなことを考えること自体をやめると良い」=とヨガの先生の教えにしたが、
考えないようにしている日々。

 

「趣味」でやるにはリスクの多い仕事で、
講習、資格、装備に相当の費用がかかる。。。し、それを続けていく業界だ。
忙しい日々が続くと、必ず、
「自分が本当に山が好きなのか?」
「ガイドの仕事をしない方が山を楽しめるのではいか?」と思う。
でも、ガイドをしてお客さまが喜ぶと、「良かった!」と心から思う。
それも、山のおかげ。。。。と心がリセットされる単純な自分。

 

お父さんとボーイズボーダー

2018, Feb 2nd

 

今日は、お休みの予定にしていましたが、お問合わせあり。
本日も滑ります。
オーストラリアの男性4名ボーダー。
迎えに行くと、若者3名と、、、あれウェアーが若干年代もの?な1名。
お父さんでした。
お父さんと息子、そしてその友達。
お父さんは、雪崩のことなどに熱心で、
バックカントリーギアも、全員揃えて、ばっちり。
旭岳は、晴れて、人が多く、斜面はぎたぎた。。だろうと、
少し違うエリアへ。
最初のハイク1時間半ほどは、まだ歩きなれてないので、
頑張ってましたが、一本滑ると、不思議なことに、ガス欠車に給油したかのように、
元気になります。
2本目からは、ハイク20分ほど。
でも大きな斜面なので、ラインが入っていても、オープン気分たっぷり。
みんな、楽しそうで、雪に地形に喜んでいました。
滑り終わり、ハイタッチ♪
皆は、日本での滑り最終日ということもあり、ハグしあって喜んでいました。
どんな雪でも、楽しんで滑っている様子がなによりも、ガイドとしてうれしいです。
休みなく滑っているので、そろそろ、、、と思っていましたが、
これまた不思議なことに、楽しい滑りの時間とお客様のおかげで、疲れもぶっとぴ。
夕日も美しく、よい1日でした。
親子愛と雪愛。。ありがとうございました=

 

再び北海道へようこそ!

2018, Jan26-Feb1st

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨年の夏にあったお問合わせ。
2年前に一度ご案内したことのあるアメリカ人グループ5名様。
その時は、旭岳で怪我をして途中で一人リタイヤ。
また、戻ってきてくれました。
1週間という長いスキートリップ。
寒気も入り、
雪もドカ降り。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1週間、それぞれ場所を変えて、
全て良い雪を味わえました。
そして、最終日は、青空パウダー♪
みなさん、60代くらいでしたが、1週間ノンストップで登り滑り続けました。
あっぱれ=