深雪の旭岳

2016, Nov 30th

blog5

事務仕事の多い日々が続いてましたが、ようやく旭岳の雪を味わいに。

一昨日から昨日にかけて降った雪が多く。。深すぎる~旭岳。

天気も予想以上に晴れ、青空。

そして、ダイアモンドダストがきれい。

雪が深すぎで~贅沢な悩み。

12月3日から旭岳ロープウェイのスキーコースもオープン。

そんな前に、静かな旭岳を登り、きれいな雪景色を味わってきました。

blog1

 

 

 

お申込みなど~

2016, Nov 26th

snow-coral2

ようやく、やりたかったことの、一つ。。
お申込みの流れ、そしてキャンセル料などを明確になるように、HPに新たに載せました。
 http://mountain-flow.com/?page_id=4095
また、お問合せいただいてから、こちらからお送りしていたお申込み書も
HPよりダウンロードして、記入できるようになりました。
(料金については、お問合せいただき、明確になってから、お申込みください。)
今まで、お申込みが曖昧な状態の方もいましたが、
ご自分で日程を計画し、決定し、記入してお申込みすることで、ツアー参加や山への心構えも
変わってくるので。。とも思ったりします。
特に、プライベートツアーは、
申込前に、何度もやり取りが必要な場合もございますが
日程と予算を、ある程度確定してから、お問合せいただけると大変ありがたいです。
みなさま、何卒よろしくおねがいします=

 

 

 

 

まだ11月なんですけど~

2016, Nov 19th

dsc02482

今年は、冬の準備を早くするぞ!
と思っていたのに、早い冬の訪れで、結局あわわ~
でも、焦らない焦らない。。。まだ11月ですから。
なのに、今夜は寒すぎて、指先もげそうでした。
-15度。
車も凍死寸前。

 

皆滑っているのに、まだ滑れない私。
冬プログラムチラシ作製&刷り、皆さまへ四季のお便り郵送、
薪、車、滑り道具、ロープ、カラビナ手入れ、地図の整理、
滑った後の乾かしスペース作り、ぶらさがり健康棒設置。。
雪崩トランシーバーの練習に積雪チェックの確認。。。
滑りこんで筋肉強化。。
年越しの大掃除。。。。。
毎日のヨガぁ~
やることいっぱい。。。
でも、焦らず焦らず、ひとつずつ。
でも、ありすぎて、やっぱり焦ります。
あっという間に1日終わり。。そして1年もあと1カ月。
時、早し・・・

 

ということで、
冬スケジュールのカレンダーはできあがりました!
赤井川村の師匠のところへ行く時期もありますが、
予約可能な日は、ご要望をお聞きできるかもしれません。
せっかく長い冬になりそうですから、楽しみましょう~

 

Mountain Flow 2016-17 冬プログラム

2016 Nov 18th

cropped-HP31.jpg

ふぅ~ やっと HPに冬プログラムをアップしました。
最近、冬は外国のお客様のスキーガイドが多いのですが、
夏山のお客様にも冬を楽しんでもらいたく、
また、大雪山エリアの森の素晴らしさをご案内したく、
スノーシューツアーもご用意しております。

 

自分自身も、森歩きが好きですので、
スキーガイドの合間にスノーシューでリラックスしたいと思います。
また、気軽に(料金的にも時間的にも)参加できるよう、
新しい「歩きクラブ」~テンベアクラブを作りました!
冬は家に引きこもりがちになりますが、外にでて少し歩くだけで、
健康にもよいし、気分もすっきりします。少し違った気分で冬を過ごせるように、
と思い、この冬よりスタート。通年で、ちょっと歩きのプログラムを実施予定です。
バックカントリースキーの方は、「はじめてみたい」という方が多いので、服装・装備から
一から学べる入門コースや、経験者のスキルアップコース、そして、雪山女子合宿も
企画しております。

 

Mountain Flowは、女性のお客様が多い傾向です。
ガシガシ風な時もあれば、時折ゆっくり滑りと温泉、カフェタイムなどを味わいたい、、と
いう時もあるのではないでしょうか?旭川周辺の青木お気に入りの低山BCは、
ハイキング気分で登り、素晴らしい深雪を滑れます。
そんな方へ、おすすめのネイチャーライドも、よろしくです。

 

この冬も、自然とすばらしい雪との時間を、みなさまとご一緒させてくださいませ。
よろしくおねがいします!
どうでもいいのですが、
HPは、今シーズンの青木のウェアとスキーの色をイメージしたカラーリングです(笑)
*カレンダーの方は、後日アップしますのでお待ちください。

 

 

東川アウトドアフェスティバル

2016, Nov 12th

hof2016%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f

今年で6回目となります。
会場が変わり、あたふたでしたが、大変よい雰囲気になり、
310名のお客様がお越しくださいました。
今年も、無事終了。
山を案内する以外の活動。。
でも、山と人をつなげる私にとっては重要なライフワーク。
来年も、また、よりよい時間になりますように。
お越しくださったみなさん、ありがとうございました!

 

時差ぼけ利用

2016, Nov 11th

dsc02477

カナダから帰国して、私たちの主催する東川アウトドアフェスティバルの準備。
の前に、今年は、日本雪崩ネットワークによる講演とその日の午前中には、
雪の掲示板という、雪の状況がレポートされているページの書き込みについての講座。
そして、その講座を受けるための課題をしなければ!
すぐにできるものではなく、分析などが必要。。

dsc02479

時差ぼけを利用して、夜寝むらずに完成させました。
受験勉強を思いだすな~
夏、秋山が終わり、冬山スタートまでゆっくりだったのですが、
今は、忙しい時期となりました。
そして、冬山の準備は入念に。
無積雪期シーズンよりも、道迷い、雪崩、低温などによるリスクがかなり高まります。
早い冬の訪れですが、準備をしっかり行って、山に行きたいと思います。
常に勉強。。。の業界です。
安全&楽しみのためです。。がんばりまっす!

 

カナダ・バンフ&キャンモア訪問

2016, Oct 31st-Nov 9th

blog1

今年も、カナダの本場、バンフマウンテンブック&マウンテンフィルムフェスティバルへ出展。
そして、東川町の姉妹都市、キャンモア町にて、スライドショーを行いに行ってきました。
2年目となる、東川からカナダ訪問。
仲間と共に、貴重な時間を共有してきました。
数字や形としてすぐに現せませんが、昨年、そして今年の訪問によって感じたことを、
観光促進の目的で訪問しておりますが、町での地元の人々の日常の暮らしにおいても、
東川町に還元できたら、、と願います。
本当に、理解ある東川町長と役場の方々。ただの山岳ガイドの声を反映させてくれる町。
すばらしい町です。。ひがしかわ。
後は、画像でお楽しみください~。
来年は、一緒にカナダ本場のバンフマウンテンフィルムフェスティバル、、味わいませんか?

blog6

キャンモア町で東川のスライドショーを今年は実施。

お客様0でも、トライが大事。。と。そしたら、60名も

会場へお越しくださいました!

 

dsc02338

バンフ国立公園のレスキュー隊訪問。カナダでは、国立公園に入園料がかかり、それによって、万が一のレスキュー費も含まれている。日本は、無料。ただ、安いがいいのか?お金を払って価値を上げることも大事ではないか。。と感じる日本の国立公園管理システム。

 

blog2

キャンモアのクロスカントリーコース。今年は温かい11月。昨シーズンの雪を保存して、この時期にそれを積み上げて、クロスカントリーコースを設営し、イベントも開催されていました。アウトドアスポーツが、ただのスポーツではなく、日常の一部として楽しまれているカナダ人の生活は、憧れです。

 

blog7

キャンモア町長への表敬訪問前の待ち時間。東川町と大雪山の鳥瞰図を眺めにきた子供。

普通に山に関心のある暮らしも、、感動。カナダでは普通のようです。

 

blog13

観光地で有名なレイクルイーズ。何度みても素晴らしい景色です。

行政民間グループですが、あだ名で呼び合う関係。

こんなフレンドリーな東川町の人々。

 

blog14

いよいよ、バンフマウンテンブック&フィルムフェスティバルの会場へ。

やはり、テンションがあがり、この訪問の意味をかみしめます。

 

blog45

私たちの出展ブースの様子。今年も350名の方がお越しくださいました。

皆の、北海道パウダーの関心が、次は、桜とスキーに代わっていました。

たった1年なのに、すごい変化!

 

blog26

blog23

blog24

山の食からアートからエスニックまで。。「山」の分野は広い。すべて、私の関心あるもの。

山のテーマからのつながりは、私たちの日常と、そして世界へ。

それを気づかせてくれるイベントです。

 

blog50

カナダヤムナスカ登山学校時代の仲間、Katと再会。お母さんになっても、あいかわらずのアスリートでした。厳しい登山を共にチャレンジした仲間。。時間がたっても、パワーをもらいました!

 

blog38

フィルムの合間に、外でライブ。おじいちゃんもおばあちゃんも踊っている、

楽しい時間!みんな、山が好き、歌っている人もテレマーカー!

 

blog48

ワークショップも行われています。「women challenging in Outdoor」アウトドア業界でチャレンジする女性たちというテーマ。女性作家、ライター、編集長など5名が集まっています。大変面白い1時間でした。たくましい女性たち。。カッコよかったです。

 

blog30

東川にいた人達とカナダで再会!東川と世界へのつながりは、

すばらしい=

 

blog40

現地でお世話になったカナダ在住日本の方々。沢山の方々のつながりで、東川とカナダ訪問が実現されています。