視界不良。。旭岳

2015, Aug 30th

DSC06382

今日は、月1のNHK文化センターの「あなたも山ガール」旭岳登山。
ですが、山は雲の中でガスガス濃霧。
みんな、気持ちがどんよりしてます。
なんとか、声のトーンを上げてみるものの、効かない。。
まだまだ修行不足です。
山頂に行ったものの、どこにいたのかしら~という下山。
姿見で、4合目へ下りる登山道口で、ちっちゃい秋あったので、
そこが今日の旭岳登山の証です。。みなさんの今年一番の紅葉は。。
大雪山、旭岳で。
こうゆう天気は、山らしく・・「山にいるんだー」と感じられていいんですよ。。
とでも、言っておきましょう。

 

すっかり秋

2015, Aug 29th

秋の大雪山 (96)

ひさしぶりに予定のない休み。
とは言え、あっという間に一日は終わり。。
もっと、畑の手入れをしたり、
家の周りの木を剪定したり、
秋に向けて、十勝岳連峰を眺めながら、優雅に朝コーヒーなどできる、
テーブルとベンチを外に作りたいなーなどと。。。ただただ妄想で終わりました。
また、明日から休みない日々です。
というのも、ありがたいお話で、、、
少し予定が変わったので、
9月と10月のプログラムを変更しました。
そして、HPの表紙画像も秋バージョンに変わりました。

(モデルはカナダ大好きっ娘)

ちょっと。。いろ鮮やか過ぎますが。。。
昨年の紅葉の画像をながめながら、この冷たくなっていく空気。。。
好きだなー紅葉楽しみだなーとわくわくしています。
今年から登山を始めた方、
まだ、これから始めたい方、
登山をする相手がなかなか見つけられないという方。。も参加しやすいよう、
少々料金設定も変えました。
どうご、ご確認下さい。

http://mountain-flow.com/?page_id=22

秋。。一年に一度のイベント。。紅葉です。
是非、山に行って、心豊かに。。。
暮らし豊かに。。。(自分自身への言葉。。)

 

 

 

ダルメシアン

2015. Aug 27th

IMG_0825.JPG

家に帰ると、玄関前に袋。
アレレ?
袋には油性ペンで書かれたメッセージ。
名前が。。アレレレー!!
先週、フィールドライフのロケでご一緒になったカメラマンさん。
その時、層雲峡帰りに寄ったカフェに取材に来た。。
とのこと。
私の大好きな本、小林ゆうさんの「つくる暮らし」を作った方。
袋の中身は。。小林ゆうさんの作品のお皿 「ダルメシアン」
嬉しい(涙)
膝を怪我して、この夏は、ガイド業は無理と思い、
層雲峡ビジターセンターのお仕事を入れたけど、
ありがたく、膝の回復が早く、いつも並みにガイドが出来て。
逆に忙しくなった夏。
ガイドの準備も、生活も、雑になって来たなーと感じていた最近。
そんな時に、「つくる暮らし」を読むと、自分の生活を見直すきっかけになります。
ダルメシアンのお皿に合うように、
今夜はグリーンカレーを作ってみました。。料理する時間も、いいですね。
読んでみてください「小林ゆうの つくる暮らし」…

初山泊まり ~osusumeコース裏旭~

2015, Aug 23-24th

blog1

以前、HOで取材して下さった編集者の方とお友達が、
山泊まりツアーにいらっしゃいました。
初の旭岳登山に山泊まりです。
天気は、町は低い雲。。
でも、私は確信していました。。山は雲海のはず。。
それも見事に的中!
旭岳ロープウェイの駐車場から、姿見の奥で青空がちらりみえています。
途中、雲の中を歩き。。それは、ホワイトアウトの世界。
だんだんそれが、明るくなり、8合目からは、青空です。
いよいよ、初旭岳頂上!!意外と早かったというお二人。
ナイスペースでした。
そして、頂上からの雲海。。
とてもダイナミックな雲海で、山頂にずっといて眺めていたかったです。
裏旭のずるずる斜面を下り、今回のテント場、「裏旭テント指定地」
私のお気に入りのテン場です。
いつものあれを食べて、、、飲んで~
話しは、お客様も訪れたことのあるアフリカ「ケニア」の話しに花が咲く。
(今度は、ケニアへ一緒に行きましょう。)
登りは一生懸命で会話も忘れてしまいますが、テント場で、お酒が少し入り、
温かいものを食べ、後は寝るだけ。。。話が弾みます。
山泊まりは、本当に楽しい。

blog2

 

夕焼け、星空、朝焼け。。今回も、沢山の自然の演出に感謝。
旭岳ー裏旭泊ー中岳温泉足湯ー裾合平ー姿見 コースは、
初めての山泊まりの人にもお勧めのコースです。
日帰りだけではなく、自然の演出タイム。。夕焼け朝焼け。。夜空。。
を、是非味わっていただきたい、、、とレンタル山泊ギアもあります。
今年は、もう寒くなってきているので、来シーズンですね。

blog4

 

 

サミットラーメン

2015, Aug 22th

DSC06231

今日は、白馬のラフティング会社での同僚
Ryokoちんが初旭岳登山にきました~
3年ぶりの再会です。
雲に隠れた旭岳ですが、頂上は、少し明るいホワイトアウト。
今日は、気合い入れてサミットラーメン作りました。
なんてたって、チャーシュー多し。
煮卵うまし。
もやし水からゆでてしゃきしゃき。
そんなラーメンタイムをしていると、少し青空がのぞいたり。。
下山時は、結構視界良くなり、旭岳の広い裾野が見れました。
視界のない時は、山がどんな演出をしてくれるのか楽しみです。
時折コーヒー&スィーツなティータイムの時もありますが、
私のサミットラーメンを試されてない方、是非リクエスト下さい。
しょうゆ、みそ、塩味。。。注文承ります。

 

「フィールドライフ」のロケ

2015, Aug 18-19th

DSC06228

昨年、ランドネの取材で一緒に山に登ったゆりちゃんが、
また北海道にやってきました!
今回は、冬に偶然会うことのできた編集者の方と、
私が大好きな本を実は作った人だった。。カメラマンの方と、
ゆりちゃんと私の4人です。
十勝岳エリアのほうで、山泊まりの取材ノ予定でしたが、、
なんせ、天気が悪い。。風が吹く。
これでは、稜線までたどりつくのも、稜線歩きもかなり大変。
こんな天気でも、山の上で、泊まれる場所。。。
といったら、黒岳の避難小屋。
テントを持って歩いたけど、天気が悪ければ小屋泊まりにしよう。。。と。
そして、その通り、雨風が時折強く、私も初めて黒岳の石室に宿泊。
小屋は、快適。。ストーブ付けてくれたり、発電機で明かりが点いたり。。。
いままでテント泊まり命の私にとっては、贅沢すぎる山泊の環境。
こうゆう形で大雪山や山泊まりを楽しむのもいいもんだな~と、思います。
2日目も。。少し明るいホワイトアウト。
天気に恵まれなく、紙面上が気にかかりつつも、
みなさんに、大雪山の素晴らしい景色をご覧してもらうことができず、
本当に残念。
それでも、ゆりちゃんは、さらに大雪山へ魅かれいったようです。
また、大雪山のファン。。。。増えた!
今回の取材の様子は、来月のフィールドライフに載る予定です。

 

 

雨の日です…

2015, Aug 16th

DSC06224

宝島トラベルさんからのご紹介で、
今日は、日本在住のアメリカ国籍 チョウさんとティナさんご夫妻をご案内。
今日は、登山というよりも、観光スタイルのお二人。。。あいにくの雨ですが、
ビニール合羽で、裾合方面の最初のベンチスポットまで。
雨がやむのを待ち出発しましたが、時折降ったり、、時折止んだり。。
その繰り返し。。。最近よくある雨パターンです。
そんな天気ではありましたが、ベンチスポットでは、
キタキツネの子がお待ちかね。全然逃げる気配なく、むしろ寄ってきます。
人間の食べ物の味を覚えたキツネかもしれません。
そんなことをお話しながら、姿見園地へ戻り。。なんとか雨の中終了。
そんなあいにくの天気でしたが、お二人は楽しまれたようです。。とご報告あり。
登山スタイル以外の観光の海外のお客様のご案内もすることが増えたので、
レンタル雨具など。。準備しよ~と思った今日でした。

 

 

初めての登山 旭岳

2015、Aug 8th

blog

曇り空の朝。。。でもでも、きっと、山は雲海だ~。。と、
今日は、ビギナー向けの旭岳登山。
登山を始めたいけど、一緒に行く人がいない、どうやって始めればよいかわからない。。
そんな方を対象にしたツアーです。
朝、7時半からオープンしている「ちゃみせ」でお昼ご飯を買い、いざ旭岳へ。
初めての登山前夜は、
子供のころの運動会や遠足前夜のようなわくわくどきどき感のようだったとか。。。
そんな緊張感も、時にはいいですね。

 

いざ、ロープウェイに乗る。。。視界は、雲の中から晴天へ。。。雲の上まできました。
姿見駅は、雲海&青空。
太陽がぎらぎらでしたが、程よい北風が吹き、ペースも順調。
みなさん、見事に旭岳頂上に立つことができました。
初めての登山。。。天気も最高で、良い山の風景を眺めることができましたね。
頂上では、東川町のカフェ、Roaster Coaster の旭岳ブレンドとおまんじゅうです。

blog2

頂上で食べるご飯、飲むコーヒーは、格別においしいです。
山の上も、蒸し暑い最近でしたが、
ここ数日の雨で、山の空気は、すっかり秋のよう。。。早い時の流れです。
が、まだまだ、登山始めたい方、遅くはありませんよ~
次のビギナー向け登山は、黒岳です。
行ったことない方の参加もOKですよ。

 

▲お知らせ
①明日8月9日は、東川で山の日イベント。。。
クライマー山野井さんとKIKIちゃんとトークショーさせていただきます。
②8月11日は、黒岳5合目で
「登山相談」ブースを設立。。そこにいます!!

 

知床連山

2015、Aug2-3

20150803

知床連山縦走へ行ってきました。
2日とも天気よく。。良すぎで、暑い。
天気が微妙だったので、
2日目の羅臼頂上の天気に合わせ、硫黄から入山予定でしたが、
不安定な天気は、晴れマークに変わり、バスの待ち時間がもったいなく、
そのまま岩尾別から入山。
こちらから入ると+1.5時間ほど加算されます。
とはいえ、どちらから入っても厳しいコース。
2日間、本当によく歩きました。
今、クマに会ったという登山者に会い、音をだして歩いたり、
登山道上なのに、藪こぎ気分のハイ松のトラップ付登山道。
細尾根歩きや、硫黄山の下りの沢歩き。
登っては下り、登っては下り、、の連続。
夏山ガイドのコースタイム計画でいきましたが、それ以上かかります。
2日ほどあれば、もっと余裕をもって歩けるでしょう、知床連山。
歩かれたみなさん。。。かなり強くなったことでしょう。
私も、今回は、かなり勉強になりました。。。まだまだ、道東エリア修行です。
海と山のある知床。。。すばらしい~

20150803-1

 

旭岳 Stone Family

2015, Aug 4th

20150804

知床連山の片付け放置で、
今日は、イギリスからのご家族をご案内。
天気がいまいちながらも、霧、風、雨というスコットランドの天気に慣れているという
ご家族だったので、全然問題なし。
旭岳往復では、物足りなさそうなので、中岳温泉まわりのサーキット。
旭岳頂上の方向を示す円柱の石碑が劣化してくずれていたのですが、
さすがStoneファミリー、傾いている箇所に石をいれて修理していました。
それにしても、天気が不安定な夏です。