歩くと見れる景色

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の視界ない山から一変。

旭岳さんの全貌が見えます=晴天!

さすが、旭岳は、混みこみで、ロープウェイ乗車の待ち時間40分オーバー。

こんな冬の旭岳、初めてです。

10何年前なんて、週末でも数人しかいなくて、パウダーの日も多かったし、

急いだり、他の人の事を気にしたり、まして、人が多いことや、にぎやかな人による

ストレスなど全く感じない環境だったんですよ。

あの頃は、平和でしたね~

 

人のにぎわいぶりは変わりましたが、

相変わらず変わらないのは、雄大な景色。

今日のお客様も、バックカントリーギアレンタルで、少し歩いて、違う斜面、違う景色へ。

ロープウェイ回しが主流の旭岳ですが、

今日のように、歩いて&滑って&登って&滑って。。。

慣れていないと、本当につらいでしょうが~

すばらしい景色や自然の静けさを味わうには、本当に良いものです。

私も、滑りだけでなく、こうゆう自然の空間にいること自体が好きなので、

雪が悪くて滑れなくても、ハッピーな人間です。

今日のお客様は、東京在住の海外の方と日本人の方。

旭岳へは、何度も訪れているようですが、

今までみたことのない景色や下山後の東川町案内含め、

今まで経験していないことばかりだったようで、大変喜ばれていました。

夏も、来たいし、東川町をもっと知りたい!

。。ということで、今は、札幌人になってしまった私ですが、

元「地元ガイド」の強みを発揮できた1日でした。

また、お待ちしております♪

 

スキーキャラバン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月になりました。

例年は、冬真っ盛りのはずが、

今年は、みなさん、御察しの通り、山でも、既に暖かい春が訪れています。

今日から2日間、

キャンピングカーで、滑り仲間と自由に山と食を楽しむYMDさんグループをご案内。

 

DAY1

3/1 は、この冬長い整備期間に入っていた、黒岳ロープウェイがいよいよ運行。

天気も良いので、迷いなく、黒岳へ。

激混みかも、と思っていましたら、意外と静か。

それでも、この日を狙ってきた人が、丸見えの山頂目指してハイクしていました。

私達も、ゆっくり、山頂までは行かずに、滑り、登りを繰り返し、

青空と山の絶景と、この状況にしては良い雪を味わえました。

山の後は、♨と地元のおいしいスイーツや旭川ナイトで、グルメツアーをされたよう。

それにしても、プリン→ジンギスカン→ラーメン→〆パフェ

すごっ! 過ぎる。。。

 

DAY2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日は、天気もあれあれ、なんですが、雪が降りそうなので、

やはり高い山、大雪山系へ。

久しぶりの降雪に、「あ~貴重やな~」と運転しながらしみじみ。

視界が悪いので、三段山の樹林で遊ぶことにしました。

それにしても、ガスとPN2.5で、モヤモヤ感がたっぷり。

あまりにも見えないので、いつもは、メローすぎて滑らない斜面を選びましたが、、

「お!パウダー!楽し~♪」となりました。

久しぶりの良い雪に感謝。

しばらくすると、少しずつ視界がでてきて、他の斜面の様子もご案内できました。

自分の足で歩けば、体力も必要ですが、すばらしい斜面がいっぱいです。

樹林のお帰りコースを楽しみながら、白銀荘で♨三昧の、これまたイチゴソフト〆。

残り1日のスキー旅は、天気やスキー場で選ぶのではなく、

今夜食べたいもので決めていたのが、キャンピングカーの強み!

駐車できれば、どこでも寝れますし、移動中に準備もできますからね。

いつかは、キャンピングカーで旅をしたい。。。アラスカとかで♪

YMDさんグループのお三人、ありがとうございました!

 

 

TEGAMI

久しぶりに鎌倉のお友達から

お手紙と素敵なお届きもの来る。

親友のAGちゃんとは、

親友ながら、年齢もお互い知らないし、聞かないし、

FBとかもしていないから、いつも、アナログなやりとりをしています。

 

時おり、ふっと届くお手紙。

短いながらも、心をわしづかみされるような、

痒いところに手が届いたような、

そんなありがたいお手紙です。

 

今回、

AGちゃんは、「インドに行ってきました~。」

アムリトサルというシーク教の総本山「ゴールデンテンプル」と呼ばれ、

人類みな平等という信仰心から

約500年前から平均して1日10万人もの食事を提供する

食堂や巡礼宿があり、誰でも受け入れてくれる御寺のようです。

AGちゃんは、「すごいなー、どんな所なんだろう?」と、

実際に自分の目で見たくて、、行ってきたらしいです。

「とっても居心地が良い国でした。」という言葉で、

「私も、きっと好きになるだろうな~インド」と思いました。

色々なお話を聞くインドへの一人旅は、私もどうかな~と思っていましたが、

流石AGちゃん。

 

協力隊上がりで、

国際協力を勉強しにカナダへ行った私ですから、

時おり、自然や山の中で商売している自分に????となり、

自分探しのような気分で、スマフォでネットサーフィンしている自分がいます(笑)

そんなネットの情報ではなく、

AGちゃんから時折くるお手紙が、一番心を動かし、きっかけを与えてくれています。

今回も、そんな感じです。

 

。。。インドにこんな場所があるなんて。

知らない世界がいっぱい。

そして美しい自然や文化もいっぱいあるんだろうな~

そんな場所や事、人を少しでも知るきっかけを与える人に、

私もなりたい。。。

 

 

 

寒暖融合

プラス気温が続きます(涙)

パウダーシーズンが、あっという間に幕閉じ。。かと思われます。

でも、

パウダーがなくても、滑れれば楽しいです。

しかも、晴れたりしちゃったり、

景色がきれいだったりすると、なおさら。

 

あまり、ハードなBCをご希望されないお二人ですが、

歩きも滑りも。

景色も自然も。

コンパクトながらバランスのとれたこの場所へ。

 

ひさしぶりに雪雲現れ、一時は視界無でしたが、

風のおかげ。

雲の動きと太陽の演出で、

私たちのラインがより感動ものになりました。

 

今夜、名古屋へ出発するお二人。

そんな日に、素晴らしい時間をありがとうございました♪

また、お待ちしておりまする~

 

 

「こんな気温にアイスかよ」

ガイドの姉貴分とアイスクライミングへいきました。

この暖かい中。

アイスは、ま~ま~良さそうに見えるのですが、

気温が上がってくるたびに、

サイドから、上から流れてくるは~

氷の塊

そのタイミングが、どんどん短くなってきて、、

そろそろ、やばいっしょ。。

っと、引き上げてきました。

アイスクライミングは、楽しかったけど、

落ち着いた環境で登りたい~

=昼には終了。

スキーシーズン中にクライミングをすると、よくわかる、、、

下半身が重い~

皆さんも、いつもの行動パーターンと違うことをすると、

自分の体の発見ありますよ。。

いかが??

 

乙女の滝へ

 

今日は、気分をかえて、スノーシューツアー。

私、車の修理に出しているものですから、

ローカルツアーになりました。

温かい空気の中、スノーシュー、、、もいらないくらい、

なのですが、滝までのちょっとの間は、スノーシューが必要。

ゆっくり癒し系のツアーです。

残念ながら、友達のパン屋さんが休みで、パン買えずじまい~

zannen!

私の通っていた小学校を通り、登山口へ。

そこから、片道1.4km。

↑のような、色々な自然美を発見しながら、いよいよ乙女の滝。

相変わらず、吸い込まれそうな~群青色の滝壺です。

何メートルあるのでしょうか???

歩き終わったら、

おいしいラーメン屋さんとケ‐キ屋さんをご紹介して、終了昼過ぎ。

私も、ゆっくりできた1日でした♪

 

まるで春の2月

ここ数年、2月に雨が降ることはありましたが、

ここまで気温が高い日が続き、

しかも降雪なし。

たいていの人は、この早い春の陽気を喜んでいるでしょうが、

バックカントリーガイドとしては、涙。。。

冬戻ってきて~(叫)

▲ ▲ ▲

さて、2月もいよいよ終盤。

先週は、旭岳ガイドのご依頼が多かったのですが、

もう外国の方が多いし、強風の日も多く、かつ降雪もなく、

ベースがガタガタ、ライン一杯、パンダーなし、、で、

ロープウェイ内も山も、パーティーピーポーで、にぎやか。

BCギアを持っていて、歩ける方だと、

違うエリアの静かな、雪の良い場所へご案内できるのですが、

そうでないと、もう、私からガイドを断るしかない状況なんです。

「旭岳のパウダーを滑ってみたい!」という方は、沢山いるのでしょうが、

旭岳限定の方は、本当に良い状況じゃなければ、

申し訳い状況の日が多くて、ガイドできなさそうです。

先週も2件、、、旭岳ガイドを中止させていただきました。

こちらからの提案なので、ガイド料金はいただけませんでした(涙)

ご期待に絶対にそえない状況なのに、ガイド料いただくの申し訳ないです。

来年は、事前に対処しておこうと思います。

海外の人が増えて、年々変わる、北海道のBC山スキー事情。

私のところへ、ガイド依頼の方のタイプも色々と増えてきて、

びっくりしたのは、山に関心がない、、というお客様がいらしたこと。

滑りだけが目的のようです。

私、山ガイドですからね、

「山いいね~♪自然いいね~」と共有できてなんぼの仕事ですから、

かなりびっくりしました!

そうゆう方もいるんですね~

来シーズンへ向けて、傾向と対策。

こんな暖かい日は、確定申告と共に、夏を超えて、来冬の妄想も始まりました。

さてさて~

まだ、スキーガイドはあるのに、雪が降らない~

いっそのこと、春雪になってちょうだ~い!!

。。。と願ったりしてみる。

 

 

旭岳ガイドを依頼されていました、事情を説明して、雪の良い、静かな山へ。喜んでました。そして、スノーシューでハイク、、、頑張りました。

 

2019 夏 トムラウシ縦走2泊3日  応募開始

史上最強寒波の中、お花いっぱいの夏山を思い出しながら~幸せ~タイム♪

さっそく、夏のトムラウシ縦走のお申込みがありました!

まだ、スケジュールを公開していませんが、今夏ツケジュールも、既に計画済み。

 

「花の山旅 トムラウシ縦走2泊3日」

2019年7月13,14,15日(土、日、祝月)

緑岳、または、赤岳インして、白雲小屋またはテント泊。

憧れの高根ガ原を歩き、ヒサゴ沼泊。

そして、トムラウシ登頂からの短縮口へ下山コースです。

連休ですから、本州からですと、エアーが満席になってきているようです。

それもあって、お早目のお問合わせをいただきました。

料金や詳細は、お問合わせください♪

 

まだ残雪ありますが、お花の良い時期ですよ♪

G青木も、2020年の夏は、やや動きがあるかもしれませんので、

来年のうちに、トムラウシ縦走をご一緒できれば、うれしいです!!

 

また、9月の紅葉時期も、結構予約がはいってきております。

紅葉時期のプライベート山行のご依頼がありましたら、お早めに♪

 

 

 

 

 

Push Yourself

常連さんお二人です。

今日は、二人にとっては、初のリアルBCの行程でしたが、、、

やはり、チャレンジ気味でしたね。

がんばられました。

ガイドがいても、

山登りは、つらいし

自然相手だから、必ずしも山頂に行ける訳ではなく、

やはり、ゲストの体力や気力ありき。

今回の、「体力的なつらい」は、次回につながります。

がんばです!

私も、ガイドのあとに、一人クライミングへ行ってきました。

一人で、、、

重くなった体で、、、

積み重ねられるよう=がんばります!

Push Yourself!!

 

史上最強寒波到来!

ニュースでも話題の寒波が来てます。

東川にいるときは、常に‐10度以下の山にいましたから、

「そんな~おおげさな~」と思いますが、

最高気温があがらない、、ということで、史上最強の寒波のようですね。

ちょうどこの時期は、本州では、梅開花など春。

まだ続く寒さに、花の季節が恋しくなる頃ですが、

道産子の寒さ自慢は、続きます=

のんびり余裕をかましていた確定申告も、刻々と。

寒波の中、事務仕事。

ふっと、窓をみると。。。ミニおひなさま。

実家よくあるある。。。

猫が遊びにくるわ~

母も遊びにくるわ~

事務仕事は、はかどりません♪

 

また、明日からガイドが続きますので、

先週の山レポアップしてます♪

したっけぃ~❤